Webディレクターはなくなる?将来性や向いている人の特徴を解説

コラムCOLUMN

Webディレクターはなくなる?将来性や向いている人の特徴を解説

2022/07/14

Webディレクターについて、ネガティブな噂を聞くと、将来性はどうなのか心配になる人もいるでしょう。

実際にWebディレクターの仕事は、なくなってしまうのでしょうか。

そこで今回は、Webディレクターに必要なスキルや資格、Webディレクターに向いている人の特徴などと一緒に、Webディレクターがなくなるかどうかの真相について解説します。

Webディレクターとは?

Webディレクターとは、Webサイト制作に おいて、ディレクション業務を担当する人を指します。

WebサイトはWebディレクター、Webデザイナー、Webライター、プログラマーなどがチームとして編成され、制作することが多いです。

クライアントから要望などをヒアリングし、それに基づいてサイトの全体構成やコンテンツ企画、制作のディレクションなどをするのが、Webディレクターの主な仕事です。

クライアントと契約合意に至るとチームメンバーへ作業指示を出したり、進行管理をしたりします。

Webディレクターの役割は「仕様通りに作業ができているか」「デザインの出来はどうか」「不具合はないか」などサイト全体の品質を管理し、クライアントの要望に沿ったサイト制作を行うことです。

また、納品後もサイトをチェックし、不具合があれば改善します。

 

Webデザイナーとの違い

Webディレクターはサイト制作全般のディレクションを担当するのに対し、WebデザイナーはWebサイトのデザイン業務のみを担当することが一般的です。

Webデザイナーの仕事は、Webディレクターの指示や仕様書に従って、サイトデザインを構築することです。

レイアウトを決めるワイヤーフレームの作成から、グラフィックソフトでカンプデザインの作成まで担当します。

 

Webマーケターとの違い

Webマーケターは、Web上のマーケティングに関する分野を担当します

担当するのは、WEB広告の配信・運用、オウンドメディア戦略、メールマガジン制作など多岐に渡ります。

ユーザーの行動を分析し、効果的な広告宣伝や市場調査をして製品やサービスを 売れるようにするのが、Webマーケターの役割です。

WebディレクターはWebサイトの制作全般に携わりますが、WebマーケターはWebを元にした集客戦略を担当します。

これが大きな違いです。

ただし、企業によってはWebディレクターが、Webマーケターを兼任する場合もあるでしょう。

Webディレクター ディレクション業務を担当。チームメンバーへ作業指示を出し、進行管理などを行う。
Webデザイナー Webサイトのデザイン業務を担当。ワイヤーフレームやカンプデザインを行う。
Webマーケター Webマーケティング業務を担当。WEB広告配信・運用・ オウンドメディア戦略、メールマガジン制作など多岐に渡る。

 

Webディレクターに必要なスキル・資格

Webディレクターには、さまざまなスキル資格が必要です。

需要の高いWebディレクターになるために、スキルアップすることで、収入の増加や キャリアアップにもつながるでしょう。

ここでは、Webディレクターに必要なスキル・資格について解説します。

 

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターには、プロジェクトを円滑に進めるために必須と言われるスキルがあります。

業務を遂行する上で、必須な3つのスキルについて見ていきましょう。

 

○Web技術の知識

Webディレクターは最新のWeb技術について知っておく必要があります。

最新技術を知っておかないと、クライアントへの提案ができないためです。

【 Web技術の知識 】
  • Webサイト作成における最新の技術知識がある
  • グラフィックソフトについて基本的な操作ができる
  • コーディングのチェックができる
  • HTML5やCSSについての理解がある
  • SEOなどマーケティングに理解がある
  • バックエンド言語についての基礎的な理解がある
  • インターネット接続デバイスの知識がある

 

○プロジェクト管理スキル

Webディレクターはプロジェクトを成功させるため、プロジェクト管理スキルが必要です。

【 プロジェクト管理スキル 】
  • スケジュールの策定・進捗管理ができる
  • 最適なメンバーの配置を提案できる
  • 各メンバーの工数と進行の管理ができる
  • リスクの洗い出しと対処法の検討をする

 

○コミュニケーションスキル

Webディレクターは、Webデザイナーや営業などさまざまなメンバーを編成して働くため、高いコミュニケーションスキルが必要になります。

また、クライアントとの折衝も必要とされるため折衝力や、時には社内で根回しできるスキルも必要です。

【 コミュニケーションスキル 】
  • メンバーの理解度に合わせた適切な指示ができる
  • メンバーが意見を言いやすい環境を構築できる
  • メールや書面での確認を怠らず、適切な指示ができる
  • クライアントに対し発注の目的をロジカルに説明できる

 

Webディレクターに必要な資格

Webディレクターは特に資格が必要なわけではありませんが、幅広い専門知識とスキルが必要です。

資格取得により、Webディレクターに必要な知識を習得でき、案件を獲得する際の後押しにもなるでしょう。(2022年5月時点)

 

○Webディレクション試験

「Webディレクション試験」はプロジェクトを成功に導くWebディレクションについてのスキルを持っていることを証明する社団法人 全日本能率連盟の登録資格です。

試験内容

・Web制作の工程管理

・現状分析

・プロジェクト企画

・サイト全体の情報 構造設計

・集客施策立案、実施

受験料 10,000円(税込)
合格率 65.6%(2021年3月31日現在)

 参考:株式会社ボーンデジタル Webディレクション試験ページ

 

○Webリテラシー試験

「Webリテラシー試験」はインターネットの基礎・プロジェクトマネジメント・デザインなどの知識を持っていることを証明する社団法人 全日本能率連盟の登録資格です。

試験内容 ・Webに関する標準的な知識
受験料 10,000円(税込)
合格率 61.6%(2021年3月31日現在)

参考:株式会社ボーンデジタル Webリテラシー試験ページ

 

○ネットマーケティング検定

「ネットマーケティング検定」とは、ファシリテート能力、Webの知識や技術、ネットマーケティングの知識、経営戦略と連動したWebブランディング能力を持っていることを証明する資格です。

試験内容

・インターネットマーケティング総論

・インターネットマーケティング各論

・関連知識

・事例問題

受験料 6,000円(税込)
合格率 85.9%

参考:株式会社サーティファイ ネットマーケティング検定ページ

 

○ウェブ解析士

「ウェブ解析士」は、Webマーケティングの知識・スキルを習得したことを証明する一般社団法人ウェブ解析士協会の認定資格です。

資格には「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士マスター」の3つのグレードがあります。

試験内容

・ウェブ解析士:ウェブ解析及びウェブマーケティングの知識

・上級ウェブ解析士:KPI設定や戦略立案のほか実践的な提案

・コンサルティングに関するスキル

・ウェブ解析士マスター:ウェブ解析士の育成や企業研修等の講師に必要となる教育・指導に関するスキル

受験料(税込) 受験する資格によって異なる
合格率 受験する資格によって異なる

参考:一般社団法人ウェブ解析士協会 ウェブ解析士ページ

 

Webディレクターに向いている人の特徴

Webディレクターにはどのような人が向いているのでしょうか。

自身がWebディレクターを目指す場合、適性を判断することも重要です。

ここからは、Webディレクターに向いている人の特徴について見ていきます。

 

問題解決能力が高い人

Webディレクターには、冷静で論理的に考えられる人が向いていると言われています。

Web制作においては、スケジュールの遅れや仕様変更などさまざまなトラブルが発生します。

そのため、どのような問題が起きても冷静に対処できることが求められます。

クライアントに優先順位や課題解決方法を冷静に 上手く伝えられる人は、Webディレクターに向いていると言えるでしょう。

 

新しいものが好きな人

新しいものに敏感で取り入れたいと考えるような人は、Webディレクターの適性が高い可能性があります。

IT業界は動きが早い業界です。

技術はすぐに古くなってしまうため、常に最新技術のチェックは欠かせません。

前向きに新しい技術の習得ができる人は、Webディレクターに向いていると言えるでしょう。

 

斬新な発想ができる人

斬新な発想ができる人はWebディレクターに向いていると言われます。

Web制作には新しい企画やアイデアが大切です。

他のサイトとは違った特徴のあるサイトを企画できればクライアントにも喜ばれ、仕事の受注も増えるでしょう。

 

Webディレクターに向いていない人の特徴

上述のような人はWebディレクターに向いていますが、逆に向いていない人もいます。

どのような人が向いていないのか見ていきましょう。

 

コミュニケーションを取るのが苦手な人

Webディレクターはクライアントだけではなく、エンジニア、デザイナーなどさまざまな人とコミュニケーションを取る必要があります。

円滑にコミュニケーションを取れないと仕事を上手く進めることができないため、コミュニケーションを取ること が苦手な人には向いてないと言われています。

 

意思が強く頑固すぎる人

意思が強すぎる人もWebディレクターには、あまり向いていないと言われてます。

Web制作においては、エンジニアの意見を優先して進めることや、クライアントの意向に従う必要があるといったことが発生します。

頑固に意見を通す人は、トラブルになってしまう可能性があるでしょう。

他人を尊重する必要があるポジションです。

 

ルーティンワークが好きな人

Webディレクターは、ルーティンワークが好きな人には向いていないとも言われます。

臨機応変に状況に合わせた対応が求められるため仕事自体が変則的であり、突然クライアントと打ち合わせがあったり、トラブルがあったりと同じスケジュールで仕事をするのが難しいのです。

同じ作業を黙々とやりたい人には不向きと言えるでしょう。

 

Webディレクターはなくなる?

Webディレクターの将来性に不安を感じる人もいるかもしれませんが、Webディレクターの職種はなくならないと言われています。

以下で詳しく説明します。

 

Webの需要は伸び続けるから

Webの需要は今後も伸び続けると考えられるため、Webディレクションの仕事自体はなくならないと言われていますただし、スキルが低い人は提案力がなかったり、チームのメンバーを管理できなかったりと、クライアント要望を適切に実現することが難しいと、Webディレクターとしての需要は低くなってしまいます。

必要とされるWebディレクターになるには、スキルアップしたり資格を取得したりすることが大切です。

Webディレクターを目指すのであれば、クライアントやチームのメンバーから信頼され安心感のあるWebディレクターになるとよい でしょう。

 

AIだけでは対応できない部分があるから

Webディレクションの仕事はAIに置き換えられると推定されています。

しかし、Webディレクションの仕事内容の半分は、クライアントやチームのメンバーとコミュニケーションを取ったり、企画や提案をしたりすることです。

このため、AIに代替できない仕事については今後もWebディレクターが担当していくでしょう。

 

ディレクター

Webディレクターとして活躍できる案件を獲得するなら「HiPro Tech」

Webディレクションの仕事とは、Webサイト制作でディレクション業務を担当することです。

<主な仕事内容と求められるスキル>
  • クライアントから要望などをヒアリングし、それに基づいてサイト全体の 構成やコンテンツなどを企画。

  • クライアントと契約合意に至るとデザイナーやエンジニアに指示を出し、プロジェクトを成功 に導きます。

  • Webディレクターには、クライアントやチームのメンバーなど多くの人と関わりがあるため、コミュニケーションスキルが必須です。また、問題が起きた場合感情的にならずに冷静に対処できることも大切です。

 

Webディレクターとして経験を積み十分なスキルを得ることができれば、フリーランスのWebディレクターとして活躍することが可能です。

フリーランスとして案件を獲得するなら、フリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」がおすすめです。

当サービスは、企業と直接契約することができ、中長期案件や高単価な案件を獲得することが可能です。

大手企業のサイト制作を 担当する案件から、新規でのサイト制作をする案件など多岐にわたる案件を保有しています。

また、希望に合う案件の獲得に向けて、さまざまなサポートを受けることができます。

Webディレクションの案件を獲得したいと考えるならば、ぜひ登録してみてください。

 

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
必要なスキル
React
Python
JavaScript
HTML5
案件単価
500000円
700000円
月単価
職種
Webデザイナー
必要なスキル
JavaScript
HTML5
その他
案件単価
700000円
1000000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
モバイルアプリエンジニア
ゲームエンジニア
PM/PMO(アプリ)
Webデザイナー
Webディレクター
社内SE(アプリ)
その他
必要なスキル
AngularJS
Google Cloud Platform
JavaScript
TypeScript
案件単価
400000円
500000円
月単価
職種
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
Illustrator
その他
案件単価
600000円
900000円
月単価
職種
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
その他
案件単価
500000円
800000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
DBエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(アプリ)
PM/PMO(インフラ)
PM/PMO(パッケージ導入)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
ブロックチェーンエンジニア
IoTエンジニア
ITコンサルタント(アプリ)
ITコンサルタント(インフラ)
DXコンサルタント
パッケージ導入コンサルタント
プロダクトオーナー/プロダクトマネジャー
QAエンジニア/テスター
プリセールス
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
Webマーケター
ゲームデザイナー/プランナー
社内SE(アプリ)
社内SE(インフラ)
ヘルプデスク/カスタマーサポート
その他
必要なスキル
その他
案件単価
450000円
500000円
月単価
職種
ゲームエンジニア
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
Illustrator
その他