副業を考えている人必見!副業エージェントのメリット・デメリットを解説

コラムCOLUMN

副業を考えている人必見!副業エージェントのメリット・デメリットを解説

2021/11/05

最近では、副業をしたいと考えている人が増えています。

副業することで収入が増え、隙間時間をうまく活用できるようになります。

また、それ以外のメリットもたくさんあります。

しかし、副業を行うには、案件の獲得が必要であり、さらには、エージェントなどを活用していくことなどが必要になる場合があります。

今回は、副業するにあたりエージェントを使うメリットやデメリット、注意点について説明します。

副業エージェントとは?

副業になじみのない人の中には、「副業エージェント」という言葉を知らない人がいるかもしれません。

副業エージェントとは、副業の案件を紹介してくれるサービスのことを一般的には指します。

副業人材が欲しい企業と、副業案件を欲しがる人材がマッチングできるよう、サポートしてくれます。

副業エージェントの中には、相談にのってくれる担当者がおり、その担当者が紹介してくれる場合があります。

また、インターネット上には公開されていない、非公開の案件を扱っているというケースもあります。

副業エージェントを使うメリット

便利な副業エージェントですが、メリット・デメリットがあります。

まず、副業エージェントを使うメリットを紹介します。

仕事選びの幅が広がりやすい

エージェントを利用すれば仕事の選択肢を広げることができます。

自分だけで案件を探していると、どうしても探し方に偏りが出てしまいますが、エージェントを利用すれば、さまざまな観点から案件を探してもらうことができるしょう。

また、自分では探しにくいような案件も、エージェントなら探してもらえることがあります。

例えば、週3勤務など稼働日数の少ない案件や、時短勤務ができる案件などは、公開されていることが少なく、インターネットで情報収集をしているのみでは出会えないかもしれません。

しかし、エージェントが非公開で保有していることがあるため、希望にマッチした案件に出会える可能性があります。

希望条件が複数に及ぶと、自分だけでは案件を獲得することが難しい傾向にあります。

そのため、副業をしたいという気持ちがあっても、案件が見つからず、稼働に繋がらない場合があります。

しかし、エージェントを利用すれば、幅広い案件を紹介してもらえます。

結果、難しい条件でも見つかりやすくなり、仕事の幅を広げられるでしょう。

本業に集中できる

エージェントが自分に代わってクライアントから案件を獲得してくれるので、自分で営業する手間などが省けます。

結果、本業に集中できるなどのメリットがあります。

本来は副業応募する案件を自分で営業し獲得する必要あります。

もちろん、面談などが発生するケースはありますが、エージェントを利用することで、応募する案件を獲得する手間を省くことができます。

エージェントと適切に連携すれば、案件獲得の部分は代行してもらえるので、本業に集中できるような案件の受注が可能です。

自分でバランスを取りながら効率良く案件を獲得することは難しいので、このような点でもメリットがあります。

副業エージェントを使うデメリット・懸念点

 副業エージェントを使うデメリットもあります。

希望と異なる案件を紹介されることがある

例えば、フルリモートの案件を希望していたとしても、案件状況によっては、一部クライアント先に出向く必要がある案件を紹介されるケースなどがあります。

また、希望の単価よりも低い案件や技術環境が第一希望ではないというようなケースもあります。

事前にエージェントに希望を伝えていれば、それに応じた案件を紹介してもらいやすくなるため、一概に心配し過ぎる必要はありません。

しかし、どうしても自分希望に100%合った案件がない時などタイミングによっては、希望と異なる求人の紹介がある場合もあるでしょう。

手数料がかかる

エージェントを利用すると手数料がかかることがあります。

自分の代わりに案件の獲得などをしてくれるので、これらに対する報酬を支払うのです。

手数料が引かれるため、売上金額に対して手元に入る金額は少なくなるかもしれません。

エージェントを使わずに同じ金額を直接受注した場合と比較すると、収益性が下がってしまうというかの可能性があります。

ただし、エージェントを利用すれば、営業活動や契約作業などの多くを任せられるようになります。

自分でこれらの作業に対応すると手間や負担がかかるため、この点を考慮すると多少なりとも仲介手数料などがかかっても妥協できるかもしれません。

副業エージェントを使う際の注意点と予め知っておきたいこと

副業エージェントの活用には、コツや注意するべきポイントがあります。一部を紹介しますので、参考にしてください。

利用できるエリアは大都市に限定されやすい

エージェントを利用できるエリアは、大都市になりやすいです。

自分が居住しているエリアに対応していないエージェントは、利用を諦めるしかないかもしれません。

しかし、最近では新型コロナウイルスの影響もあり、対象エリア外でもリモートなどで対応している場合があります。

このような案件を扱っているエージェントであれば、大都市に居住していなくても案件の獲得ができるかもしれません。

どのエリアを対象としているかは、利用するエージェントによって異なります。

利用する前に案件を獲得できる対象エリアを確認する必要があります。

エージェントの担当者によって差が出る

エージェントの担当者によって、得意分野に違いが出ることがあります。

エンジニアを得意としている担当者やIT業界が得意な担当者、ベンチャーやスタートアップ企業が得意な担当者など、さまざまな担当者がいます。

担当者によって、獲得できる案件や紹介してもらえる案件なども変わる可能性があるため、そこに不安に感じる人がいるかもしれません。

そのため、希望が明確に決まっている場合などは、希望の領域に強い担当者をアサインして欲しいとエージェントへ伝えるこということもよいでしょう。

副業未経験でもエージェントを使えば案件獲得できる?

副業未経験の場合は、エージェントの活用がおすすめです。

未経験の場合は、副業をどのように進めればいいか戸惑う部分もあるでしょう。

その場合は、エージェントを頼り、サポートを受けることで安心して進めやすくなります。

エージェントは、未経験や経験の浅い人に対しても、案件獲得のサポートをしています。

未経験でも応募できる案件が存在するので、そのような案件に参画したい旨を担当者に伝えると良いでしょう。

ただし、スキルによって、参画できる副業の案件数は限られています。

本業で十分なスキルを身に付ける場合は良いですが、実務経験に不足がある場合は、契約できない場合もあります。

自分のスキルに合った案件を探す

例えば、Pythonを使う案件で、Python未経験の状態で応募すると、その案件を獲得することは難しいでしょう。

正社員と違い、副業人材は即戦力性や高い専門性が求められます。

正社員はある程度ポテンシャル採用として、今後の伸びに期待して採用されることがありますが、副業人材はスポットや単発で依頼するため、即活躍できる人が求められるのです。

そのため、自分の今持っているスキルに合った副業を探しましょう。

背伸びはせず、今持っているスキルを欲してくれる案件を探すことがポイントです。

副業 エージェント

副業案件を見つけるには?

副業をする際には、エージェントを利用するのがおすすめです。

もちろんデメリットもありますが、希望条件を事前にエージェントに伝えておけば、解決できることがあります。

このため、自分の中の軸を作っておき、エージェントを活用するとよいでしょう。

エージェントを利用すれば、仕事の幅が広がり、自分で営業などを行わなくて良いので本業にも集中できるといったメリットがあります。

しかし、副業エージェントはそれほどメジャーではないため、案件数が少ないという特徴があります。

また、副業は必然的に稼働日数が少なくなるので、低単価の案件が多いです。

その点、フリーランスITエンジニア専門のエージェント「HiPro Tech」であれば、副業案件からフル稼働の案件まで多岐にわたる案件を保有しており、高単価の案件も扱っているのでおすすめです。

また案件獲得のために、担当者がサポートも行っています。

特にフリーランスの場合、クライアントと条件面や契約延長の交渉を自身で行わなければなりませんが、当サービスでは、必要に応じてエージェントが代理で条件面の調整や契約延長の交渉を行っているため、本業に専念することが可能です。

また、リモート案件が豊富であることも大きな特徴の一つです。

「エージェントが紹介してくる案件は、出社を伴うものが多い…」とお悩みの人も、当サービスであれば、良い案件が見つかるかもしれません。

ぜひ、フリーランスITエンジニア向けエージェント「HiPro Tech」にご登録ください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
必要なスキル
Python
案件単価
650000円
900000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
クラウドエンジニア
SREエンジニア
必要なスキル
AWS
Python
案件単価
500000円
525000円
月単価
職種
業務系アプリエンジニア
社内SE(アプリ)
その他
必要なスキル
AWS
Python
SQL
案件単価
180000円
670000円
月単価
職種
PM/PMO(アプリ)
データサイエンティスト
ITコンサルタント(アプリ)
DXコンサルタント
Webディレクター
Webマーケター
必要なスキル
Python
R言語
案件単価
600000円
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
AWS
Linux
PHP
Python
JavaScript
案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
必要なスキル
Ruby on Rails
AngularJS
AWS
Python
Ruby
TypeScript