AWS案件の種類や特徴について徹底解説!気になる単価相場は?

コラムCOLUMN

AWS案件の種類や特徴について徹底解説!気になる単価相場は?

2022/09/12

AWSはクラウドプラットフォームの中でも人気が高く、フリーランス向けの案件も多い分野です。

このため、インフラ系のフリーランスエンジニアが活躍できる機会も多くなっています。

しかし、AWS案件と言っても種類はさまざまで、案件の内容や単価が気になる人も多いのではないでしょうか。

本記事では、AWS案件の種類や特徴、単価相場などについて解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

AWS案件の種類

AWSはさまざまな目的で利用されており、案件の種類もさまざまです。

AWS案件の主な種類について見ていきましょう。

 

業務システムの新規構築

業務システムの新規構築とは、AWSを使った業務用システムのインフラ設計や構築を行う案件です。

業界や業種など、企業特性によってニーズが異なるため、それに合った仕様でシステムを構築します。

AWSだけでなく、サードパーティーのクラウドサービスと連携させてクライアントの要求に応えることもあります。

要件定義や設計などの上流工程から関わる場合には、相応の知識が必要です。

案件によっては、業界特有のシステム要件(データの保存先は国内リージョンに限定するなど)や自社のセキュリティポリシーの遵守など複雑な要件を満たす必要があるため、業界に特化した知識が求められることもあります。

 

Webアプリケーション開発

AWSはクラウドプラットフォームの中でもWebに強い特徴を持ち、Webアプリケーション開発の案件も多いです。

要件に合わせてさまざまなWebアプリケーションを開発するため、AWSだけでなくアプリ開発についても要件定義やプログラミング、テスト方法などの知識があると良いでしょう。

また、DevOpsやCI/CDなどの知識があると重宝されます。

AWSを使った動画配信サービスやIoT、AIやビッグデータを活用したアプリなどの需要は特に高く、これらの分野の開発スキルがあるエンジニアは市場価値も高いです。

 

既存システムのリプレイス

AWSは企業のインフラ基盤として利用されることも多く、既存のオンプレミスシステムからAWSへのリプレイス案件も多くなっています。

システムのリプレイスを行う場合は、サーバーやネットワーク、周辺機器などのオンプレミス環境に対して、インフラエンジニアとして知識やスキルが必要です。

既存システムの状況確認やデータ移行作業などは、現地作業が必要な場合が多いため、リモート可能な案件は少ない傾向が見られます。

オンプレミスだけでなく、他のクラウドプラットフォームからAWSへのシステムリプレイス案件も少しずつ出てきているため、AWSだけでなく複数のクラウドプラットフォームの知識があれば案件の幅が広がるでしょう。

 

既存システムの追加機能の開発

すでにAWS上で稼動しているシステムに、追加機能を開発する案件も多く見られます。

追加機能の開発案件には、新規開発案件と比べて小規模で、開発言語やフレームワークなどが細かく定められている、リモートワーク可能な場合が多い、といった特徴があります。

追加機能の開発では、他社のクラウドサービスやオープンソースを利用したり、コーディングを行ったりなどローコードツールを使用することもあり、プログラミングやシステム開発の知識も役立ちます。

 

インフラ運用・保守

AWS案件では、すでに構築済みのAWSインフラの運用・保守の案件もあります。

AWSなどのクラウドプラットフォームでは、リソースの使用量が使用料金に反映されるため、リソースを最適化できる技術があるとクライアントに喜ばれるでしょう。

また、定型業務だけでなく、システムの安定性やセキュリティを向上させるための取り組みも重要な業務です。

インシデントが発生した場合は、障害の切り分けや原因究明、問題への対処、責任者への報告や再発防止策の作成などの業務を担当する場合もあります。

 

AWS案件の特徴

AWS案件にはどのような特徴があるのか、全体的な傾向や今後の見通しについて解説します。

 

場所を問わず仕事がしやすい

オンプレミスのインフラ案件では現地作業が必須になることが多いですが、クラウドでは現地作業は必須ではないケースが多くなります。

機密情報の保護や関係者とのコミュニケーションが必要になることから、オンサイトとなる場合もあります。

しかし、Webアプリケーションの開発案件や運用・保守の案件、システムの設計などの案件ではフルリモートで完結する案件もあります。

別のクラウドで動作しているシステムのAWS移行案件なら、多くの業務はリモートワークで対応できるでしょう。

在宅勤務や場所を問わない働き方をしたい人にとっては、AWS案件の場合希望する案件が見つかりやすいでしょう。

また、リモートワークが可能な案件であれば、地方在住のエンジニアが、都市部の案件に参画することも可能です。

 

スタートアップから政府機関まで幅広く利用されている

AWSは初期費用が低く、スタートアップ向けのサービスも積極的に展開しているため、スタートアップや小規模企業でも広く利用されています。

一方で、AWSは規模の大きな組織でも利用されているクラウドプラットフォームです。

例えば、AWSは日本政府の共通クラウド基盤に採用が決まりました。

こうした事例はAWSの信頼性への評価を高め、多くの業界や企業でAWS活用が進む契機となるでしょう。

今後は、企業規模の大小を問わず、AWS案件がさらに増えるとみられ、AWSエンジニアの需要は非常に高まっていくと考えらえます。

このため、人材の不足が予測され報酬相場も上がっていく見込みです。

 

オンプレミスからクラウドの移行期のため案件が多い

働き方改革やコロナ禍などの社会事情もあり、テレワーク推進やDX化などの目的で事業用のインフラを入れ替える企業も多くなっています。

従来のオンプレミスのITインフラをクラウドサービスに移行する企業が多く、案件も増加傾向です。

基幹業務システム全体をクラウド化するのが難しい場合でも、ファイルサーバーやECサイト、動画配信システム、ワークフロー、勤怠管理、経理システムといった一部のシステムをクラウドに移行する案件は数多くあります。

今後しばらくはこの傾向が続くと見られ、AWSエンジニアの需要が高い状況が続くでしょう。

 

AWS案件の単価相場

AWS案件はニーズの高さにエンジニアの供給が追いついておらず、報酬の単価も高めです。

AWS案件の報酬はどのくらいが相場となっているのでしょうか。

 

「HiPro Tech」のAWS案件の相場は約80万円

当サービスの調べでは、フリーランス向けに募集されているAWSエンジニアの月額報酬は平均で約80万円です。(2022年7月時点)

AWS案件は需要が高いため、多くの企業がエンジニアの確保に力を入れています。

また、エンジニアの技術によっては、クラウド環境を作るだけでなく、コストダウンや業務効率化も実現可能です。

オンプレミスからクラウドへの移行が過渡期にある今、企業経営に大きなインパクトを与えられるAWSエンジニアは、高い報酬に見合った価値があると考えられることが多く、報酬相場も比較的高い水準にあります。

 

フリーランスのAWSエンジニアが単価を高めるには

フリーランスのAWSエンジニアが単価を高くするためには、どのようなことを意識しておくと良いのでしょうか。

高単価の案件を取得するためのポイントについて解説します。

 

資格を取得する

AWSはさまざまな用途に利用できますが、「AWSを扱うことができる」では何をどのレベルで扱えるのか伝わりません。

そこで、AWSに関連した資格取得をおすすめします。

資格があれば、AWSのスキル分野やレベルを客観的に示してくれるため、企業との面談などで分かりやすく自分のスキルを伝えられます。

AWSに関連した資格については、「AWS認定資格全12種類の難易度、資格を取るメリットや独学や講座などの勉強方法とは」の記事で詳しく説明しているため、ぜひ参考にしてみてください。

 

経験・実績を積む

IT系のエンジニア職の報酬を決める場合、経験や実績が重視されるのが一般的です。

多くの経験や実績を積んだエンジニアは業務への理解が深く、効率的な仕事の仕方やトラブル対応などの引き出しも多いため、クライアントへの貢献はもちろん周囲のメンバーにも良い影響を期待できます。

実際、IT系職種の報酬は、スキルが高くなるほど高い傾向があり、結果的に年代が高いエンジニアは報酬が高くなりやすいです。

AWSエンジニアも経験年数は重視されます。

フリーランスの場合、年を重ねるだけで報酬が増えることはありませんが、多くの経験や実績を積み重ねていくと受注も安定し、高単価案件への参画も可能です。

このため、AWS案件をメインにしたいエンジニアは、規模の小さな案件でも軽視せず、将来につながると思って積極的にチャレンジしていくのが良いでしょう。

 

AWS案件は高単価案件も多くフリーランスにピッタリ!

AWS

AWS案件は非常にニーズが高い分野で、フリーランスが活躍できる案件も多いです。

高単価な案件も多く、中にはフルリモートで完結できる仕事もあるため、報酬やワークライフバランスを気にするフリーランスエンジニアにはフィットしやすいとも言えるでしょう。

AWSエンジニアは経験・実績を重視されるため、資格取得によるスキルアップと並行して実際の案件に多く触れることが大切です。

IT・テクノロジー領域特化型エージェントサービス「HiPro Tech」では、AWS案件も数多く保有しています。

また、自身のスキルに合った案件を紹介してもらえるため、効率良く希望に合った案件を獲得するためのサポートを受けることが可能です。

高単価なAWS案件を獲得したいと考えているならば、ぜひ登録してみてください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
800000円
1400000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
クラウドエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
Ruby on Rails
AWS
Azure
Google Cloud Platform
Ruby
案件単価
600000円
1200000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
クラウドエンジニア
必要なスキル
Ruby on Rails
AWS
Google Cloud Platform
PHP
Ruby
案件単価
700000円
1100000円
月単価
職種
DBエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(インフラ)
ITコンサルタント(インフラ)
社内SE(インフラ)
必要なスキル
AWS
Azure
Google Cloud Platform
Linux
WindowsServer
UNIX
その他
案件単価
600000円
640000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
AWS
Oracle
Java
案件単価
1000000円
月単価
職種
クラウドエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(インフラ)
ITコンサルタント(インフラ)
社内SE(インフラ)
必要なスキル
AWS
その他
案件単価
400000円
600000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Node.js
React
AWS
Python
TypeScript
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
AWS
Java
PHP
Ruby
JavaScript
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
データサイエンティスト
必要なスキル
AWS
その他