2022.11.11

データ分析の仕事とは?具体的な職業の種類ややめとけと言われている理由を解説

最近、データ分析の仕事が注目されており、これから目指したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

データ分析に携わる研究者や開発者、IT技術者などの仕事からコンサルタントやマーケターとして働くなどさまざまな道があります。

一方で、データ分析の仕事はやめとけと言われるケースがあります。

本記事ではデータ分析の職業や必要とされるスキル、やめとけと言われている理由を解説していきます。

これからデータ分析の仕事をしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

データ分析の職業

データ分析の職業についてそれぞれ紹介していきます。

研究者

大学や民間の研究施設、医療機関などでデータ分析を活用している研究者は数多くいます。

画像や数値などの処理や解析のための技術研究などを行っています。

シンクタンク職員として、さまざまな分野の調査研究にデータ分析を活用している人もいます。

シンクタンクは、省庁や企業からの依頼を受けて調査・研究を行い、アドバイスをする企業のことです。

政治経済から科学技術、社会問題などの調査・研究でデータ分析が活用されています。

開発者

さまざまな製品の開発でデータ分析は活用されています。

設計や開発、製造の工程においてデータ分析を行うことで問題や課題を見つけ出します。

データ分析を活用する開発者の分野としては、機械や電化製品などの製造業から薬品や食料品、生産加工などの仕事に従事している人も多いです。

開発の現場ではさまざまな数値を扱うため、データ分析の技術がよく利用されています。

IT技術者

IT技術者は、ビッグデータを活用するためにデータ分析の技術を使います。

データベースやクラウド基盤の選定、データパイプラインの設計などの仕事を行います。

AI技術者も機械学習や深層学習など、AIを活用した製品開発でデータ分析の知見を役立てています。

コンサルタント

コンサルタントの仕事ではクライアントから提供されたさまざまなデータを、分析して課題解決や新しい価値の創出のための提案を行います。

また、データガバナンスやデータセキュリティについてのコンサルティングも行うことがあります。

その際にもデータ分析の技術が活用されるのです。

コンサルタントの仕事は、データ分析の技術に加えてビジネススキルも求められます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとはプロジェクトの人員や予算、スケジュールなどを管理して円滑にプロジェクトを進められるように統括する役割のことです。

プロジェクトマネージャーはデータ分析の専門家とやり取りをするケースもあるため、データ分析のスキルが必要になります。

専門家とビジネス側の仲立ちをする役目を担うなど、データ分析からビジネススキルまで幅広いスキルが要求されるのです。

データアナリスト

データアナリストは、データ解析・分析を行う専門家のことです。

ビジネスだけではなく医療から教育、政治まであらゆる分野で活躍しています。

集計したデータから相関関係や法則性を見つけ出して提案をする、あるいは予測モデルを作成して将来の需要を探り出し、施策を提案するといった仕事を行います。

単にデータ分析するだけではなく、その結果を活用して具体的な施策の提案まで行うことがあります。

マーケター

マーケティングのプロであるマーケターは市場のデータを分析して、市場のニーズやターゲット層の好みを探り出します

顧客候補の分析だけではなく、実際に行った施策の効果検証のためにデータ分析をするケースもあるのです。

サイトやSNSなどWeb上で得られたデータに基づいて分析を行いPVや売上の向上に役立てることも行います。

幅広い業界においてマーケターが求められており需要の高い職種です。

リサーチャー

マーケティングリサーチの専門家として、リサーチャーが活躍しています。

マーケターとの違いは、リサーチャーはデータ収集・分析への比重が高くなっている点です。

目的とするデータを集めるためにアンケートなどを作成して、実際に得られたデータの分析も行います。

 

データ分析の仕事に必要なスキル

データ分析の仕事に取り組むために、必要とされるスキルについて紹介しましょう。

論理的思考力

データ分析の仕事は、なぜデータ分析を行うのか目的から考えなければいけません。

背景まで含めて正確に理解していなければ、方針を立てられないからです。

このため、論理的思考力が要求されます。

論理的思考力とは、根拠に基づいて思考を展開していくスキルのことです。

クライアントからヒアリングをして、なぜデータ分析が必要なのか、どのような結果が求められているのか、どんな提案をするべきかなどを論理的に考えることが求められます。

論理的思考に基づくことで、正しい結果を得られるようにしていくのです。

論理的思考力を身に付けたいならば、常に物事の因果関係を理解することなどを意識しましょう。

問題の原因を抽出していき、仮説を立てて検証して、最終的な結論を導き出すという訓練を繰り返すことが大切です。

論理的思考力とは 根拠に基づいて思考を展開していくスキル
論理的思考力がデータ分析に必要とされる理由 データ分析の目的を明らかにし、正しい結果を導き出して、最終的な提案に結びつける際に論理的思考力が必要であるため
論理的思考力を身に付ける方法 問題の原因を抽出していき、仮説を立てて検証して、最終的な結論を導き出す訓練を繰り返す

 

データの活用力

データ分析では、分析した結果を活用する能力も要求されます。

データの活用力があれば、クライアントの課題解決や目標達成を実現するための提案ができるようになるのです。

得られたデータが、予想された通りであればデータ活用方法の提案にすぐに移ることができます。

予想外のデータが得られたときには、予想や仮説に誤りがあったのか再検証が必要です。

結果を正しく認識して、正しく提案したり、必要であれば再検証したりする能力が要求されます。

データの活用力を身に付けたいならば、実際にデータ分析を行い、その結果の活用方法を考えてみることが大切です。

例えば、自身のブログやサイトを開設して、分析ツールでデータの収集を行い、アクセス数をアップさせるための施策を検討してみましょう。

自分で考えた施策が上手くいかない場合は、その原因を分析して改善していきます。

データの活用力とは 分析した結果を活用する能力
データの活用力が必要とされる理由 データ分析の結果を基にして提案したり、データの再検証をしたりするのに必要な能力であるため
データの活用力を身に付ける方法 自身のブログやサイトなどでデータの収集を行って施策を実施してみる

 

ビッグデータに関するスキル

データ分析では、ビッグデータを扱うケースが多いため、ビッグデータに関するスキルは重要です。

具体的には、ビッグデータの収集や加工・整理、分析のスキルが求められます。

例えば、ビッグデータを収集する際にどの技術を活用するか、ビッグデータを貯めるためにどのデータベースを活用するかなど正しい選択をできるスキルが必要です。

ビッグデータに関するスキルを身に付けたいならば、統計解析や機械学習、データベースなどの勉強をしましょう。

これらのスキルについての資格試験に挑戦するのもおすすめです。

ビッグデータに関するスキルとは ビッグデータの収集や加工・整理、分析のスキル
ビッグデータに関するスキルが必要とされる理由 ビッグデータを扱うケースが多いため
ビッグデータに関するスキルを身に付ける方法 統計解析や機械学習、データベースなどの勉強をする、資格試験に挑戦する

 

データ分析の仕事はやめとけと言われている?

なぜ、データ分析の仕事はやめとけと言われることがあるのか説明します。

技術習得の難易度が高い

データ分析に求められる技術の難易度は高いです。

統計学や機械学習、ビジネススキルなど多様な能力が求められます。

このため、大学で専門的に上記の分野について学んでいた人や実際に仕事で経験したことのある人でないと、対応するのが難しいと言われています。

また、データ分析の分野は日進月歩で技術が進歩しているため、常に最新の技術に追いつく努力をしなければいけません。

常に向上心を持って自ら勉強していく姿勢が求められるため、対応するのが難しく、やめとけと言われてしまうことがあるのです。

一方で、新しい技術や高い専門性を習得したいと考えている人には、やりがいを感じられるかもしれません。

 

データ分析の仕事が向いている人

以下のような特徴のある人はデータ分析の仕事が向いていると考えられます。

  • 数字が好き
  • 知的好奇心が強い
  • 細かな作業が向いている

データ分析の仕事というのは数学と深く関連しています。

大学レベルの数学の知識が要求され、なおかつ統計学や機械学習といった分野の知識も重要です。

このため、数学が好きであり、知的好奇心が強くて新しい知識を学んでいきたいと思えるタイプの人は、データ分析の仕事に向いているでしょう。

また、データ分析の仕事は細かなデータを扱っていく仕事であるため、細かな作業を細心の注意を払いながら進めていけるタイプの人に適した仕事です。

細かな作業が得意であり几帳面な性格をしている人に向いていると言われています。

 

データ分析の仕事がしたいなら

まとめ

データ分析の仕事は研究者や開発者、コンサルタント、データアナリストなどさまざまな職業と関連があります。

多くの業界においてデータ分析の仕事は需要が高く、人材不足が続いているため、データ分析のスキルを持っていれば有利です。

データ分析の案件を獲得したいならば、論理的思考力やデータの活用力、ビッグデータに関するスキルを身に付けましょう。

データ分析について、豊富な経験や高いスキルを保有していれば、フリーランスとして活動することも可能です。

IT・テクノロジー領域特化型エージェントサービス「HiPro Tech」では、データ分析に関する案件を多く保有しており、案件を獲得するまでさまざまなサポートを行っています。

事業会社のビックデータを扱うことができる案件やデータ分析を元に事業戦略を提案する案件など多岐にわたる案件を保有しています。

登録料は無料であるため、フリーランスでデータ分析の仕事をしたいと考えている人は、ぜひ登録してみてください。

記事監修

荒井 雅人
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

週1・短時間から、週5まで
コミット可能。
HiPro Tech 会員のみ公開案件も多数。
新規登録はこちら

この記事に関連するおすすめ案件

この記事に関連するおすすめ案件

週1・短時間から、週5まで
コミット可能。
HiPro Tech 会員のみ公開案件も多数。
新規登録はこちら