フリーランスとして働きやすい仕事内容や職種を紹介、在宅や副業などの働き方

コラムCOLUMN

フリーランスとして働きやすい仕事内容や職種を紹介、在宅や副業などの働き方

2021/12/02

近年では働き方が多様化し、フリーランスと呼ばれる働き方を選択する人が増えてきました。

フリーランスとして活躍する人の個人事業主との違いや主な仕事内容などを紹介します。

フリーランスとは?フリーランスの動向について紹介

フリーランスとは、特定の会社や団体などに在籍せず、個人の力で仕事を獲得する働き方をする人のことです。

会社との雇用関係がないため、仕事ごとに契約を行い、労働や成果物の対価として報酬を得ていきます。

自分のスキルや専門知識などを使って仕事を獲得する必要があるため、毎月一定の収入を得られるわけではありません。

しかし、会社員と比較すると時間や場所にとらわれず、自分のタイミングで仕事を獲得し、仕事によっては働く場所も自由に選べるでしょう。 

個人事業主とは違う?

フリーランスと個人事業主はという単語が似ており、混同してしまうこと方も多いかもしれません。

両者の違いとしては、フリーランスは働き方に重きをおいた表現で、個人事業主は税法上の区分を表す表現ということです。

◇フリーランスは増えている

内閣府が「日本のフリーランスについて」という調査資料を発表しています。

この調査では、副業ワーカーも含められてはいますが、フリーランス人口が306〜341万人程度と推計されています。

これまでは企業に属して働くことが当たり前でしたが、昨今では、個の能力を活かしたフリーランスという働き方が受け入れられ、増えています。

※参考:内閣府「日本のフリーランスについて」

フリーランスの経済効果

フリーランスがもたらす経済効果も大きなものです。

ランサーズ社が行った「フリーランス実態調査」によるとフリーランスの経済規模は28兆円を超えるという結果となっています。

※参考:「【ランサーズ】フリーランス実態調査 2021」

フリーランスの主な仕事

個人で仕事を請け負うフリーランスの仕事内容は、多岐にわたります。

ここでは、フリーランスの主な仕事内容を一部紹介します。

ライター

ライターとは、クライアントからの依頼を受けて、各種メディアに載せる文章を書く仕事です。

クライアントは出版社や新聞社に加え、Webメディアを運営する企業が多くなっています。

依頼の内容はざまざまであり、Webメディア文章を書くWebライター、広告用の魅力がある文を考えるコピーライターなど、数多くの種類のライターが存在しています。

デザイナー

デザイナーとは、色彩や配置などをデザインし、効果的な見た目になるように表現する仕事です。

商品やサービスを魅力的に見せたり、ユーザーや消費者の使いやすさを追求したりと、目的に応じてデザインをしていきます。

デザイナーの中でも、図やイラストを制作するグラフィックデザイナーや、Webサイトの構成をするWebデザイナーなどの職種があります。

マーケター

マーケターとは、市場調査などを通じてマーケティングを行い、商品やサービスを売るための戦略を立案する仕事です。

多種多様なデータを収集し分析することで、売れる仕組みやサービスが利用される仕組みを構築する必要があります。

種類としては、顧客データを分析するCRMマーケターや、Web上での消費者分析を行うWebマーケター、SNSの活用を主とするSNSマーケターなどがあります。

編集者

編集者とは、書籍をはじめとする制作物や、Webコンテンツなどの作成を統括する仕事です。

コンテンツの企画や計画を練ったり、完成までのスケジュールを管理したりと、人や情報を束ねる立場になります。

経験が重視される傾向にあり、多くの場合、出版社やメディアを展開している企業から独立した人が多くなっています。

ITエンジニア・プログラマー

ITエンジニアとは、システム開発やプログラミングを行う人のことです。

例えば、プログラマーとは、仕様書を元にプログラミングを行っていく仕事を担当します。

要件定義などの上流工程を担当する案件から実際のプログラミングを行う案件まで幅広いです。

より広義の意味では、ではプロジェクトのマネジメントやコンサルティング業務まで含まれることもあります。

もちろん、マネジメントやコンサルティングなどの上流のみを担当する職種もあります。

その場合、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントと呼ばれます。

フリーランスの仕事内容は在宅が増えている?

インターネットでのビジネスにおいては在宅が増えている

フリーランスに限った話ではありませんが、インターネット上で仕事が完結できる場合には、在宅で業務を行えるケースが多いです。

エンジニアなどもインターネット上で仕事が完結する職種の1つです。

ここでは、具体的にいくつかの職種をご紹介します。

職種名 仕事内容
ライター Webメディアや書籍などの執筆を行う
イラストレーター 雑誌や書籍、Webメディアに掲載するイラストを描く
広告運用コンサルタント SNS広告の運用(アカウント開設や運用の中での戦略策定を含む)を行うブログ・Webサイト・YouTubeなどを活用して、広告収入を得る
ハンドメイド作家 ECサイトでハンドメイド作品やイラストなどの商品を販売する、独自のブランドを展開する
プログラマー コーディングやプログラミングをする
インフルエンサー SNSを運用し、広告収入やPR案件を獲得する

自宅を使用して開業をすれば、在宅が可能

特定のスキルや知識などを商品にして、自宅を使用して開業することで、在宅で仕事をすることが可能になります。

自宅での開業となるため、少人数を対象とすることが多く、多様な分野のものがあります。

サロンの開業 エステサロンやネイルサロンなどで開業する
スクールの開業 語学や音楽などをスクール形式で教える

フリーランス 働き方

フリーランスとして稼げる・単価が高い仕事とは?

フリーランスで高い収入を得られる仕事には、どのようなものがあるのか気になる人も多いかもしれません。

フリーランスで高い収入を得られる可能性のある仕事の一例を紹介します。

ITエンジニア・プログラマー

ITエンジニアやプログラマーは、需要が高いことに加えて、専門性の高いスキルが必要です。

高単価の案件も多く、収入が高い仕事の一つだと言えるでしょう。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、ユーザーが見る範囲のシステムを構築するエンジニアになります。

業務では、「JavaScript」「HTML」「CSS」などの言語を用いて、Webサイトやアプリケーションの構築を行っていきます。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システムを作り動かすために、要件定義・設計・テスト・保守・運用の業務を行う人材になります。

専門知識や技術力はもちろんのこと、クライアントの要望を把握するヒアリング力やコミュニケーション力なども求められることになります。

もちろんシステム開発を行うための言語に関する知識も必要となります。

Webディレクター

Webディレクターは、Web上のコンテンツを適切に運用するために、プロジェクトを計画し統括する人です。

スケジュールを管理したり、メンバーと意思疎通を図ったりと、円滑に業務を進めるための役割を担う必要があります。

クリエイター

クリエイターは、コンテンツや制作物を作る中で、個人の能力に依存する事も多いです。

自分のスキルやセンスなどによって、高収入を望める仕事です。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを決めたり、デザインを反映させるためにプログラミングを行ったりする仕事です。

使いやすさや見やすさなど、クライアントが求めるWebデザインを行う力や、メンバーとコミュニケーションを取る力などが求められます。

YouTuber

YouTuberは、動画を投稿し、広告やPR案件によって収入を得ています。

独自のコンテンツを作ることによって、 他のYouTuberと差別化を図り、視聴者数を増やしていく力が求められます。

フォトグラファー

フォトグラファーは、 雑誌やWebサイトなど、各コンテンツに載せるための写真撮影を仕事にしている人です。

近年では、ポートフォリオとしてInstagramなどのSNSを使用している人も増えてきています。

マーケター

マーケターは、商品やサービスがどうしたら売れるのかを考え、仕組みを作る必要があります。

特有の知識や経験が求められることも多く、高収入になりやすい仕事です。

Webマーケター

商品やサービスを消費者に知ってもらい利用を促進するために、WEB広告の戦略立案や運用などを行います。

現在は、広告戦略の中でもWEB広告は非常に広く使用されており、企業が事業発展する上では、必須ともいえる職種です。

Webライター

Webライターは、WebメディアのコンテンツやWebサイトなどの文章を書くことを仕事にしている人です。

SEO の知識や市場に関する情報など、戦略的な文章を書く力が求められます。 

データサイエンティスト

データサイエンティストは、 データを基にさまざまな意思決定をする人材です。

数字を読み解く力やビジネスの流行を掴む力など、幅広い知識と経験が求められます。

近年では、ビックデータなどから顧客動向を把握し、ビジネス転用することなどが広く行われています。

フリーランスとして案件を獲得するには?

フリーランスとして仕事を軌道に乗せるためには、特定のスキルが必要です。

実力や営業力も必要になるでしょう。

しかし、実力と営業力の両方と兼ね備えるのは難しいことです。

特に営業力に不安がある人も多いのではないでしょうか。

当社が運営する「HiPro Tech」は、フリーランスITエンジニア専門のエージェントサービスです。

ITエンジニアやプログラマー向けの案件を扱っており、案件獲得に向けたサポートも行っています。

サービス利用は無料で行うことができますので、フリーランスとして活躍したいエンジニアはぜひ登録してみてください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
必要なスキル
React
Python
JavaScript
HTML5
案件単価
500000円
700000円
月単価
職種
Webデザイナー
必要なスキル
JavaScript
HTML5
その他
案件単価
700000円
1000000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
モバイルアプリエンジニア
ゲームエンジニア
PM/PMO(アプリ)
Webデザイナー
Webディレクター
社内SE(アプリ)
その他
必要なスキル
AngularJS
Google Cloud Platform
JavaScript
TypeScript
案件単価
400000円
500000円
月単価
職種
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
Illustrator
その他
案件単価
600000円
900000円
月単価
職種
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
その他
案件単価
500000円
800000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
DBエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(アプリ)
PM/PMO(インフラ)
PM/PMO(パッケージ導入)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
ブロックチェーンエンジニア
IoTエンジニア
ITコンサルタント(アプリ)
ITコンサルタント(インフラ)
DXコンサルタント
パッケージ導入コンサルタント
プロダクトオーナー/プロダクトマネジャー
QAエンジニア/テスター
プリセールス
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
Webマーケター
ゲームデザイナー/プランナー
社内SE(アプリ)
社内SE(インフラ)
ヘルプデスク/カスタマーサポート
その他
必要なスキル
その他
案件単価
450000円
500000円
月単価
職種
ゲームエンジニア
Webデザイナー
ゲームデザイナー/プランナー
必要なスキル
Photoshop
Illustrator
その他