2021.09.07

サービスエンジニアに向いている人は?年収や必要なスキル将来性などを紹介

エンジニアの中には、導入した機械やシステムを保守するサービスエンジニアという職種があります。

この記事では、サービスエンジニアの仕事内容をはじめ、将来性や必要なスキルについて紹介していきます。

これからサービスエンジニアを目指す人は、ぜひ参考にしてみてください。

サービスエンジニアの仕事内容

冒頭でも触れたように、サービスエンジニアの仕事は、導入されている製品の保守です。

ここでは、よりイメージがしやすいよう具体的な仕事内容について紹介していきます。

サービスの運用・保守

サービスエンジニアは、担当するサービスや製品の運用・保守を行います。

サービスや製品が問題なく運用できるようサポートします。

また、問題が発生した際は、その問題を解決することもサービスエンジニアの仕事です。

扱うサービスや製品によっては、リモートで対応することが可能な場合もあります。

顧客からの問い合わせ対応

サービスエンジニアは、運用・保守だけではなく、顧客からの問い合わせ対応も行います。

電話やメールでの受付はもちろん、昨今ではチャットでの受付など手段もさまざまです。

この業務は、製品に不具合が生じた際の問い合わせ先となる、サポートセンターをイメージすると分かりやすいでしょう。

問い合わせ内容を確認し、電話やメールで回答することで解決することがあります。

しかし、簡単に解決できない場合には、現地に訪問をして対応を行うという流れが一般的です。

サービスの改善業務

顧客からの意見や問い合わせ内容、社内から出た改善案などを元にサービスの改善業務を行うこともサービスエンジニアの仕事です。

技術的な改善や運用フローの改善など、その業務は多岐にわたります。

セールスエンジニアとの違い

サービスエンジニアと同じく、システムの開発を主な仕事としないエンジニアに、セールスエンジニアという職種もあります。

セールスエンジニアとは、その名の通り営業職(セールス)と技術職(エンジニア)の両方の役割を持つ職種です。

セールスエンジニアの業務は、顧客の抱えている課題を技術的な側面から解決できるよう、自社のサービスの提案やコンサルティングなどを行います。

サービスエンジニアの仕事がアフターフォローを中心としていることに対し、セールスエンジニアはこのように技術的な提案から導入後のフォローまでを一貫して行うことが、一番の違いであるといえるでしょう。

関連記事:セールスエンジニアの概要や必要なスキル、資格、キャリアパス、年収などを紹介

サービスエンジニアに向いている人は?

仕事に就く際に、その職種に対しての適性の有無は非常に重要です。

ここでは、サービスエンジニアという職種はどのような人に向いているのか解説していきます。

目指している人は、自身と照らし合わせながら確認をしていきましょう。

機械関係の仕事が好きな人

担当する製品やサービスによって取り扱うものが大きく異なりますが、サービスエンジニアに共通しているのは機械を取り扱うということです。

技術は日々進化しているため、最新技術に関する知識の習得やトレンドについて、いち早く情報をキャッチする必要があります。

機械や技術関連の仕事が好きな人は、意欲的に取り組むことができるでしょう。

コミュニケーションを取ることが好きな人

サービスエンジニアは、問い合わせ対応や訪問対応など、対顧客とのやり取りが多くあります。

ただ丁寧に対応するだけではなく、専門知識がない顧客に対しても分かりやすく説明する能力や、相手の意図を汲み取り察する能力などが求められます。

エンジニア経験はなくとも営業経験のある人は、その力を発揮することができるといえるでしょう。

問題解決をするのが得意な人

問題を解決するためには、状況の把握からはじまり、原因の特定や解決策の実施というフローで進めていくことが一般的です。

こうしたプロセスを状況に応じて組み立てることができ、解決策を見出すことが得意な人はサービスエンジニアとして活躍できるでしょう。

冷静な判断ができる人

サービスの運用に問題が起きると、顧客の業務がストップしてしまうことがあります。

そのような問題が起きた際、影響範囲の大きさや、顧客のクレームなどでパニックにならず、冷静かつ論理的な判断をすることができる人は、サービスエンジニアの適性があるといえるでしょう。

サービスエンジニアとして活躍するために必要なスキル

ここで紹介するスキルは、どれか一つで良いというわけではなく、いずれも関連性を持っています。

先に紹介した適性に通じる部分もあるため、目指す人は自身のスキルと照らし合わせてみてください。

製品に関する知識

サービスエンジニアは、担当する製品や案件によって取扱うものが異なります。

そのため、製品に関する深い知識の習得は、配属された後に行うことが多いです。

事前に勉強しなくて良いというわけではなく、取り扱う製品のジャンルが定まったら、その分野の基本的な用語や知識を習得しておくと良いでしょう。

これにより、製品に関する理解を深めやすくなる他、顧客への説明をはじめとするコミュニケーションもしやすくなるでしょう。

分析力

不具合の対応やトラブルシューティングには、原因を特定するための分析力が重要です。

保守作業は、感覚で行うことは難しく、的確に原因を解決するための作業を行わなければなりません。

なぜ問題が発生しているのかを正しく把握し、論理的に解決できるスキルを身に付けるようにしましょう。

判断力

分析力と同様、判断力もサービスエンジニアにとって重要な要素です。

発生している事象や、顧客からのヒアリングを通して、的確に状況を把握し、対応方法について判断をしていかなければならないためです。

こうした判断をするために、前述したような製品に関する知識の習得や分析力を身に付けておく必要があります。

問題解決能力

発生している問題に対して解決するための道筋を立てることは、サービスエンジニアにとって必須の能力です。

この問題解決能力を身に付けるためには、製品知識、分析力、判断力のすべてが必要のため、欠かすことなく習得するようにしましょう。

コミュニケーション能力

問い合わせ対応や訪問対応をするサービスエンジニアは、顧客とのコミュニケーションを取る機会が頻繁にあります。

的確かつ分かり易く伝える能力はもちろん、顧客が言っていることを正確に把握するヒアリング能力も重要です。

外国語能力

外国語能力は必須ではありませんが、扱う製品や技術が海外製の場合もあります。

また、顧客のなかには外国人が相手となることもあります。

こうしたケースでも対応できるよう外国語を身に付けておくと、仕事の選択肢を増やすことにつながります。

サービスエンジニア スキル

サービスエンジニアの年収

これから目指す人にとって気になるのは、その収入額でしょう。

転職サービス「doda」の調べによるとサービスエンジニアの平均年収429万円です。

全体の平均年収は409万円と大きな差はありません。

しかし、年収は所属する企業や担当する案件、保有しているスキルにも大きく左右されるため、あくまで目安として認識しておきましょう。

※参考:転職サービス「doda」 「サービスエンジニア」

※参考:転職サービス「doda」 「平均年収ランキング2020」

サービスエンジニアの将来性

サービスエンジニアの仕事は今後も一定の需要はあり、比較的安定した働き方ができると考えられます。

社会には日々、新しい製品やサービスが登場しており、それを運用・保守する人が必要となるためです。

しかし、その中には需要が低い製品も存在します。

サービスエンジニアの仕事は、担当する製品や案件に大きく左右されるため、将来性の高い製品を見極めることも重要であるといえるでしょう。

安定的に仕事を獲得するためには、選択肢を広げることも大切です。

先に紹介したように、英語をはじめとする外国語の習得することなども良いでしょう。

また、昨今では働き方の多様化や副業が活発になったことから案件も増えてきているため、フリーランスとして働くことを選択肢にいれることも一つでしょう。

まとめ

サービスエンジニアは、製品やサービスに欠かせないアフターフォローを主な仕事としている職種です。

技術的な知識だけではなく、直接顧客と関わって問題を解決していくため、やりがいがある仕事であるといえます。

取扱う製品によって習得する知識や安定性が異なるため、製品選びが非常に重要です。

既に活躍しているフリーランスであれば、案件や取り扱う製品を自身で選べる可能性もあり、多くの経験を積むことができるでしょう。

フリーランスのサービスエンジニアとして働きたいと考えている人におすすめなのが、フリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」です。

当エージェントでは、サービスエンジニア向けの案件を紹介できる可能性があります。

また、当サービスは、無料で利用することができるため、フリーランスのサービスエンジニアとして活躍していきたい人は、ぜひ、登録してみてください。

記事監修

荒井 雅人
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

週1・短時間から、週5まで
コミット可能。
HiPro Tech 会員のみ公開案件も多数。
新規登録はこちら

この記事に関連するおすすめ案件

この記事に関連するおすすめ案件

週1・短時間から、週5まで
コミット可能。
HiPro Tech 会員のみ公開案件も多数。
新規登録はこちら