C#エンジニアの需要は高い?C#エンジニアの将来性や年収について解説!

コラムCOLUMN

C#エンジニアの需要は高い?C#エンジニアの将来性や年収について解説!

2022/04/06

  プログラミング言語の一つにC#があります。

Microsoft社が開発したC#は他の言語と比較して初心者・未経験者の方でも習得しやすく、Windowsとの相性が良いだけではなくアプリ・ソフトウェア・ゲーム開発など幅広い分野で使用されています。

今回はC#エンジニアの仕事内容や将来性、C#エンジニアにとって役立つと言われるスキルなどを紹介していきます。

C#エンジニアについて興味を持っている人はぜひ、参考にしてみてください。

C#とは?

C#は90年代に開発現場で幅広く使われていたC言語やC++から派生したプログラミング言語です。

C言語とC++はどちらもコントロールしやすい言語でしたが、ソフトウェア開発が難しい言語であるとも言われていました。

実際、C言語・C++以外に開発現場で使われていた他の言語と比べて、C言語・C++の開発には時間が必要とされているケースが多くありました。

開発期間が長いという弱点を克服し、C言語・C++のコントロールのしやすさという長所を残し、かつ既存のソフトウェアと組み合わせても問題なく使用できる言語として生まれたのがC#です。

C#は開発元がMicrosoft社ということもあり、Windowsとの相性が良いこともC#の強みとして挙げられています。

C#エンジニアの仕事内容

次にC#エンジニアの仕事内容について紹介していきます。

Webサービス開発

近年、注目されているECサイトでもC#で作成されていることがあります。

C#を使用したWebサービスはECサイトが多く、ネットショッピングの需要が高まるのと同時にC#エンジニアの需要も増えていくことになります。

ECサイトは個人向けのものが多く、自分の仕事がユーザーの役に立っていると、やりがいを感じるC#エンジニアが多いようです。

スマートフォン・アプリ開発

C#はスマートフォンのアプリ開発にも使用されています。

スマートフォンは全世界で普及しているため、そのアプリ開発に携わるC#エンジニアの需要は今後も高まる可能性があります。

この他にUnityというゲームエンジン内でC#が使用されるためゲーム開発でも需要があります。

VRやARなどのゲーム開発でもC#は使用できるため、ゲーム開発に携わりたい方にC#は最適な言語と言えるでしょう。

研究開発

AIなどのロボット開発分野に関する知識があることが前提になりますが、C#エンジニアはAIやロボットの研究開発分野で働くことも可能です。

AIやロボットは今後、さまざまな産業・分野への進出が期待されています。

これらの分野に興味があるのであれば計画を練ってAI・ロボット開発の知識を習得して、この分野の研究開発に携われるよう目指すのが良いでしょう。

業務システム開発

C#は企業内の業務システム開発にも使用されています。

正社員で働くエンジニア、フリーランスのエンジニアどちらも業務システム開発に携わる機会は多いでしょう。

開発スキルと共にマネジメント能力をつけ、上流工程に携わることで平均年収以上の収入を得ることも可能になるでしょう。

C#の将来性

プログラミング言語としてのC#の将来性について、解説していきます。

幅広い業界で使われている

C#はMicrosoft社が開発したプログラミング言語です。

このため、Windowsとの相性が良く開発のしやすさが特徴として挙げられますが、Windowsに限らず「Visual Studio」「Xamarin」「Unity」を活用することでさまざまなアプリ開発が可能になります。

「Xamarin」を使用すればMacでもC#を使用できるようになるため、C#はOSによって活躍の場を制限されずに幅広い業界でも使いやすいことができ、今後も高い需要と将来性を期待することができます。

アプリ・ゲーム開発に強い

C#はアプリ・ゲーム開発にも強みを発揮します。

スマートフォンで遊べるゲームから従来の据え置き型のゲーム機、PC用のゲームまで種類を問わずC#で開発が可能なため、この分野でも高い需要があります。

また、スマートフォンの普及率の上昇に伴い、スマートフォンのアプリ開発に注力する企業も増えています。

そのため、企業から需要は高く将来も明るいと考えられるでしょう。

先端技術の開発に適している

C#はAIやロボット開発などの先端技術開発にも使用されることがあるプログラミング言語です。

AI開発にはコーディングの負担を抑えることができる「Python」が挙げられることが多いですが、Microsoftから「ML.NET」などのライブラリが提供されています。

C#で「ML.NET」のライブラリが活用できるようになったことで今後、AI・ロボット開発などの先端技術の分野でもC#の需要は高まっていくと見込まれています。

VRの普及で需要が高まっている

数年前までヘビーユーザーの間でしか広まっていなかったVR(仮想現実)も、家庭用ゲーム機などで一般ユーザー向けにVRヘッドマウンドディスプレイが発売されたことで一気に普及し始めています。

VRの開発には「Unity」が使用される割合が多いですが、複雑な処理にはC#が必要になります。

普及と共に商品価格が下がり、さらにVR製品が普及することで、VRの開発現場でもC#エンジニアのスキルが求められることから、この分野でもC#エンジニアの将来性が期待できるでしょう。

C#とJavaの違い

C#とJavaは混同されやすいと言われていますが、それぞれに違いがあります。

C#とJavaはどちらも実行速度の速さが特徴に挙げられます。

これらは、どちらもコンパイラ言語であり、プログラム実行時にコンピュータが処理できる言語に翻訳する必要があります。

しかし、コンパイラ言語はすでに翻訳されているため翻訳の処理が不要な分、実行速度が速くなります。

これはどちらも共通しています。大きな違いは得意とする領域です。

C#はOS・ロボット・組み込み式ソフトウェア開発を得意とし、Javaは業務システムやWebサービスが得意領域となります。

もう一つは文法の違いです。Javaはオブジェクト指向があるプログラミング言語でC#にはない「クラス」という概念があります。この二つが、C#とJavaの違いです。

C#エンジニアに役立つ資格

C#エンジニアとしてのIT分野の知識・スキルを証明するために有効な資格として、以下の4つを紹介します。(2022年3月時点)

C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は民間資格ですが、C言語の知識・スキルを証明するのに信頼性が高い試験と言われています。

実際の開発現場で通用する知識・スキルと認められるには1級取得が必要です。

主催

サーティファイ情報処理能力認定委員会

試験日

3級 年3回

2級・1級 年2回

受験料(税込み)

3級5,200円

2級6,400円

1級7,800円

試験形式

筆記(1級のみ実技試験あり)

合格率

64.0%(2020年度平均合格率)

参考:株式会社サーティファイ C言語プログラミング能力認定試験

基本情報技術者試験(FE)

基本情報技術者試験(FE)は、経産省認定の国家試験です。

この試験は情報処理技術者試験のレベル2にあたります。

主催

独立行政法人情報処理推進機構

試験日

春・秋

受験料(税込み)

7,500円

試験形式

筆記

会社員の場合、この試験の合格が昇進条件であることがあります。

参考:独立行政法人情報処理推進機構 基本情報技術者試験(FE)

応用情報技術者試験(AP)

基本情報技術者試験(FE)同様に国家試験で、情報処理技術者試験レベル3とこちらのレベルが上です。

高度な知識と技術を持つエンジニアであることを証明できる試験です。

主催

独立行政法人情報処理推進機構

試験日

春・秋

受験料(税込み)

7,500円

試験形式

筆記

参考:独立行政法人情報処理推進機構 応用情報技術者試験(AP)

ORACLE MASTER

オラクル社のデータベースの管理スキルを証明する資格です。

オラクル社のデータベースは国内で非常に高いシェアを誇ります。

この資格保有者は国内で需要が高いデータベースを扱える証明になります。

この資格を取得すると昇進や昇給の可能性が上がり、転職でも有利になることがあります。

またフリーランスの場合は、仕事の幅を広げやすくなることもあります。

参考:日本オラクル株式会社 ORACLE MASTER

#C

C#エンジニアとして成功するには

AIやロボットなどの先端技術、今後も需要が期待できるスマートフォンのアプリ開発やゲーム開発など多岐に渡る開発現場でC#エンジニアは活躍していくことができるでしょう。

十分なスキルを身に付けることができれば、フリーランスとして独立も可能ですが、フリーランスは自分で案件を獲得しなければいけません。

自分で案件を獲得するのが面倒、営業できる自信がないという場合はフリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」がおすすめです。

当サービスはC#を使う案件を保有しており、案件を獲得できるまでサポートも行います。

自身の知識・スキルを活かしてフリーランスとして活躍したい人は、ぜひ登録してみてください。

 

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
600000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
Linux
PHP
案件単価
600000円
月単価
職種
業務系アプリエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
必要なスキル
AWS
その他
案件単価
800000円
月単価
職種
業務系アプリエンジニア
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
React
Vue.js
JavaScript
TypeScript
その他
案件単価
600000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
React
Vue.js
JavaScript
TypeScript
その他
案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
Node.js
JavaScript
案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
必要なスキル
Kotlin
案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
React
TypeScript
案件単価
800000円
月単価
職種
業務系アプリエンジニア
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
Node.js
React
AWS
JavaScript
TypeScript
Kotlin
案件単価
500000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
DBエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(アプリ)
PM/PMO(インフラ)
PM/PMO(パッケージ導入)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
ブロックチェーンエンジニア
IoTエンジニア
ITコンサルタント(アプリ)
ITコンサルタント(インフラ)
DXコンサルタント
パッケージ導入コンサルタント
プロダクトオーナー/プロダクトマネジャー
QAエンジニア/テスター
プリセールス
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
Webマーケター
ゲームデザイナー/プランナー
社内SE(アプリ)
社内SE(インフラ)
ヘルプデスク/カスタマーサポート
その他
必要なスキル
その他