クラウドエンジニア向けの副業とは?メリット・デメリットを解説!

コラムCOLUMN

クラウドエンジニア向けの副業とは?メリット・デメリットを解説!

2022/04/08

クラウドエンジニアとして働いている場合、スキルを活かして収入を上げたいと考える方も多いでしょう。

クラウドエンジニアの知識や経験は、さまざまな仕事で活かすことができます。

さらに、専門的なスキルが求められる職種である分、他のエンジニア職種より高収入を得られる可能性があるため、副業もおすすめです。

しかし、副業未経験者であれば、どのような仕事が良いのか分からないかもしれません。

今回は、クラウドエンジニア向けの副業や、副業するメリット・デメリットなどについて紹介します。

 

クラウドエンジニア向けの副業7選

クラウドエンジニアは専門的な技術やスキルを持っていることが多いです。

またクラウドの需要も高まっていることから、スキルを活かした副業もたくさんあるでしょう。

ここからは、クラウドエンジニアに向いている副業を紹介します。

クラウド環境の設計・運用

クラウド環境の設計・運用は常駐の案件というケースがありますが、在宅勤務の案件も非常に多いです。

このため、副業としても働きやすいです。

ただし、注意点としてインフラ関連の案件は、場合によっては稼働時間が長くなることがあります。

副業に時間を多く割けない人には向いていない可能性があります。ある程度時間に融通が利く人に向いた仕事と考えられます。

ITコンサルティング

クラウドエンジニア向けの副業として、ITコンサルティングがあります。

オンプレミスからクラウドへ移行したい企業に対し、コンサルティングをします。

ITコンサルは、仕事の難易度の高さから高い額報酬を得られることが多いです。

高単価な案件を獲得したいのであれば、コンサルティングに必須なコミュニケーション能力を高めておくとよいでしょう。

Webサービス・アプリの開発

Webサービス・アプリの開発もクラウドエンジニアに向いた副業です。

自身の使える言語によって開発できる案件を選びましょう。

アプリ開発にプラスして、PMという立場を経験すると、より高い収入を得ることができます。

アプリ開発には、HTML/CSS・JavaScript・Ruby・PHP・Go言語・Git・Linuxコマンドなど開発環境の知識が必要です。

セキュリティの改善

例えば、AWSエンジニアの場合、知識を活かしセキュリティ対策の副業ができます。

アクセスコントロールの設定をしたり、セキュリティパッチを適用したりするなど、セキュリティの改善をします。

Web制作

Webサイト制作、特に商品・サービスの紹介ページであるLP制作などもあります。

LPは通常のWebサイトと異なり一ページのみで完結するため、本業への負担も少なくなります。

クラウドの他に、フロントエンドに知見がある場合は、チャレンジしてみるとよいでしょう。

プログラミングスクールの講師

クラウドエンジニアは、プログラミングや設計・構築の経験を活かし、講師として活躍できます。

受講生の質問に答えたり、課題の添削をしたりするのも講師の仕事です。

授業時間で拘束はありますが、オンラインスクールを選べば在宅勤務も可能でしょう。

Webライティング

クラウドエンジニアはIT関連のスキルを活かし、Webライティングの副業を行うこともできます。

実務経験があれば、IT関連の記事執筆では力を発揮できるでしょう。

経験を積むことで、文字単価も上がり、高い報酬を期待できます。

クラウドエンジニアが副業するメリット

現役で働いているクラウドエンジニアは、副業によって収入を増やせたりスキルアップができたりなど、さまざまなメリットがあります。

ここからは、クラウドエンジニアが副業するメリットについて紹介していきます。

収入を増やすことが可能

副業をすることで、収入を増やすことができます。

クラウドエンジニアは、高い専門性を持っていれば、他のエンジニア職種より高単価な案件の副業ができる可能性があるため、より高収入を得られるでしょう。

中には、副業で本業以上に稼げるエンジニアもいると言います。

本業以外の収入があることで、生活への安心感にもつながります。

スキルアップできる

副業をすると全て自己責任になるため、自己管理能力が身に付くでしょう。

また、普段会社で使用しない言語に触れられることもあるため、スキルアップもできます。

クラウドに関する案件であれば、更にクラウドに関する技術力を高めることもできるでしょう。

副業は、収入を得ながら、本業ではない分野のスキルアップも期待できるため、エンジニアとして成長もできるでしょう。

習得したスキルは将来独立した時にも役立ちます。フリーランスになる際や、転職活動を行う際に有利になるでしょう。

案件を選びやすい

会社の仕事の場合は、案件を選ぶことは難しいですが、副業は自分のやりたい案件を選びやすいです。

現在、IT業界は人材不足となっており、特にエンジニアの需要は高い傾向があります。そのため、案件数が豊富であり、案件を選びやすいでしょう。

人脈を作ることができる

副業することで、普段接点がない社外の人と出会え、コネクションを築くことができます。

さまざまな人脈を広げることができるため、コミュニケーション能力も磨けるでしょう。

また、副業をきっかけに条件の良い会社へスカウトされることもあります。

さらに、副業を通してクライアントと良い関係を築けると、独立後も安定した受注先を確保できるでしょう。

独立・開業の準備ができる

副業を通じて収入を得られるようになると、独立・開業を視野に入れるエンジニアも増えてきます。

無計画なままフリーランスになるより、最初は副業から始めて、収入が増えてから独立する方が失敗は少ないと考える人が多いためです。

将来フリーランスのエンジニアを希望するのであれば、副業で収入を増やし、経験を積むのがおすすめです。

クラウドエンジニアが副業するデメリット

クラウドエンジニアが副業するメリットを見てきましたが、逆に副業をするデメリットはあるのでしょうか。

ここからは、クラウドエンジニアが副業するデメリットについて見ていきましょう。

確定申告が必要になる

会社員であっても、副業で年間20万円以上稼いでいる場合、確定申告が必要です。

日頃から売上と経費の管理をしないと、確定申告の時に苦労することになります。

適切に確定申告をしなかった場合、脱税行為とみなされ、延滞税が追加されたり、無申告課税が追加されたりします。

必ず確定申告はしておきましょう。

本業のパフォーマンスが落ちる

副業をすると、内容によっては疲労が溜まり本業のパフォーマンスに影響してしまうこともあるかもしれません。

本業に支障をきたすと会社での評価が下がることもあるでしょう。

また、副業の発注相手のクライアントに迷惑がかかることもあります。

特に夜間の副業は睡眠不足となり、注意が必要です。

仕事量は自分の能力を超えない程度の分量だけ受注し、必ず本業に影響が出ない範囲で副業は行うようにしましょう。

エンジニアが副業をするときの注意点

エンジニアが副業をするときには注意すべきポイントがあります。

一つずつ見ていきましょう。

本業で副業が許可されているか確認する

会社の就業規則は、必ず確認しましょう。

副業禁止であるにもかかわらず、やっていることが発覚すると、処分を受けることがあります。

副業が許可されている場合でも、競合避止義務などを設けている場合もあるため、詳細まできちんと確認するようにしてください。

業務内容を確認する

副業を選ぶ時は業務内容を詳細にチェックし、不明な点は契約前に確認しましょう。

エンジニアの仕事は、案件により内容は異なります。

業務内容・稼働時間・報酬などを綿密にチェックし、自分が対応でき、納得のいく案件を選ぶようにしましょう。

内容の確認を怠ってしまうと、条件が違っていたなど後にトラブルになることもあります。

副業

クラウドエンジニアが副業をするなら「HiPro Tech」

専門的なクラウドの知識・スキルを持つクラウドエンジニアは、さまざまな副業を選びやすいです。

本業を活かしたインフラの設計・運用だけではなく、ITコンサルティングやWeb制作などでも活躍できるでしょう。

副業のメリットは、スキルアップができるほか人脈が広がることです。

副業によって得たスキルはフリーランスになった時、アピールできるでしょう。

フリーランス向けのクラウドエンジニアの案件は、フリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」で豊富に取り扱っています。

当サービスは、副業案件からフル稼働の案件まで、幅広い案件を取り扱っています。

クラウドに関する案件やアプリ開発の案件など、業務内容も多岐にわたります。

そのため、HiPro Techで案件を獲得することで、スキルアップを図ることも可能でしょう。

また、案件獲得までサポートを行っており、効率的に案件を獲得することに繋がります。

まずは、登録しどんな案件があるのか見てみてください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
600000円
月単価
職種
業務系アプリエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
必要なスキル
AWS
その他
案件単価
500000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
モバイルアプリエンジニア
DBエンジニア
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(アプリ)
PM/PMO(インフラ)
PM/PMO(パッケージ導入)
データサイエンティスト
機械学習エンジニア
ブロックチェーンエンジニア
IoTエンジニア
ITコンサルタント(アプリ)
ITコンサルタント(インフラ)
DXコンサルタント
パッケージ導入コンサルタント
プロダクトオーナー/プロダクトマネジャー
QAエンジニア/テスター
プリセールス
開発ディレクター
Webデザイナー
Webディレクター
Webマーケター
ゲームデザイナー/プランナー
社内SE(アプリ)
社内SE(インフラ)
ヘルプデスク/カスタマーサポート
その他
必要なスキル
その他
案件単価
700000円
1000000円
月単価
職種
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(インフラ)
ITコンサルタント(インフラ)
社内SE(インフラ)
必要なスキル
AWS
Azure
Google Cloud Platform
Linux
WindowsServer
PHP
Go言語
JavaScript
TypeScript
C#
案件単価
800000円
1200000円
月単価
職種
クラウドエンジニア
ITコンサルタント(アプリ)
DXコンサルタント
必要なスキル
AWS
その他
案件単価
650000円
900000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
クラウドエンジニア
SREエンジニア
必要なスキル
AWS
Python
案件単価
600000円
月単価
職種
クラウドエンジニア
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
必要なスキル
その他
案件単価
600000円
900000円
月単価
職種
DBエンジニア
クラウドエンジニア
データサイエンティスト
必要なスキル
AWS
SQL
案件単価
800000円
1000000円
月単価
職種
DBエンジニア
クラウドエンジニア
データサイエンティスト
必要なスキル
AWS
SQL