Rubyエンジニアの将来性や需要は?仕事内容や必要なスキルについて解説!

コラムCOLUMN

Rubyエンジニアの将来性や需要は?仕事内容や必要なスキルについて解説!

2022/05/27

プログラミング言語の中でも、よく話題に上がるのがRubyです。

Rubyは、日本人が開発したプログラミング言語として有名であり、多くの情報が出回っています。

そんなRubyに興味を持っている人は多いのではないでしょうか。

この記事ではRubyの特徴から仕事内容、将来性、必要なスキルまで解説します。

Rubyの学習を考えている人やRubyの案件を獲得したい人はぜひ参考にしてみましょう。

Rubyとは?

Rubyは、オブジェクト指向スクリプト言語として開発されました。

日本で誕生したプログラミング言語であるため、情報も豊富に出回っているのが特徴です。

Rubyのコミュニティは日本にたくさんあり、興味を持っている人は多いでしょう。

また、Rubyエンジニアを募集している案件は数多くあり、これからエンジニアを目指す人におすすめされることが多いプログラミング言語の1つです。

 

Rubyの特徴

Rubyの特徴には「オブジェクト指向言語」、「日本人が習得しやすい」「Web開発のフレームワークがある」などがあります

それぞれについて紹介します。

 

オブジェクト指向言語

Rubyはオブジェクト指向言語として開発されました

オブジェクト指向とは特定の役割を持つオブジェクトを基本要素として、オブジェクト同士の関係性を定義することでシステム開発を進めようという考え方のことです。

オブジェクト指向言語は、プログラムの共有が比較的容易であり、多様に使い分けることもできます。

Ruby以外にもJavaやC++、PHPといったオブジェクト指向言語があり、どれも多くのエンジニアに使用されていて、さまざまなシステム開発でも用いられており、需要の高い言語です。

 

日本人が習得しやすい

Rubyは、日本人が開発したプログラミング言語であるため、比較的日本人が習得しやすいとされていることが大きなメリットです

日本で生まれた言語であるため、早くから多くの日本人に注目されていました。

日本語の情報がたくさん存在しており、Rubyを習得している日本人は大勢います。

Rubyの日本語のコミュニティも充実しているため、Rubyで分からない点について、すぐに日本語で質問できる環境が整っているのです。

Rubyに関する日本語の書籍も多数存在しており、日本人が学びやすい言語と言えます。

 

Web開発のフレームワークがある

Rubyには「Ruby on Rails」というフレームワークが用意されています。

Web開発向けのフレームワークであり、Webアプリ開発などで有用な機能がまとめられた枠組みです

「Ruby on Rails」を利用すればRubyでスムーズにWeb開発を進めることができます。

 

Rubyエンジニアの仕事内容

Rubyエンジニアにはどのような仕事があるのか紹介していきます。

 

Webサービス開発

Rubyには「Ruby on Rails」というフレームワークがあることからWebサービス開発でよく利用されています

現在ではWebサービス開発において、Rubyは確固たる地位を築いているのです。

フレームワークを利用することで、Webサービス開発を効率よく進めることができます。

認証処理や参照機能、管理画面といった機能の実装を容易に実現できます。

開発工数を削減することができ、短期間・低コストでも質の高いサービスを開発できるでしょう。

したがって、RubyでWebサービス開発に取り組みたいならば、フレームワークのスキルは必要不可欠です。

 

ECサイト構築

RubyはECサイトの構築で利用されることが多いです

「Ruby on Rails」には「Solidus」という機能が用意されており、簡単にサイト構築を進めることができます。

一般的には実装が困難とされている決済機能も「Solidus」を活用することで比較的簡単に導入可能です。

従来よりも低コストで手間をかけずに決済機能の導入ができます。

もちろん、決済機能以外の導入にも対応したフレームワークが存在しているため、短期間で質の高いECサイト構築が可能です。

 

SNS構築

RubyはSNS構築にも利用されています。

例えば、社内向けの独自のSNSを開発したいといったケースでRubyが使われます。

「Ruby on Rails」を利用すれば、SNSに必要な機能を簡単に実装させることができます。

ユーザ登録やログインなど基本的な機能を導入することができ、後から機能を追加したりデザインを変更したりする際にも容易に対応することが可能です。

 

API開発

Rubyの「Ruby on Rails」は、API開発にも利用されています

「Rails API」というAPIの作成に特化したモードが搭載されていて、API開発の効率化を実現できます。

APIとはアプリケーションなどの機能を別のアプリケーション上で利用できるようにするためのインターフェースのことです。

アプリケーションの機能や情報を共有する仕組みのことであり、さまざまな場面で利用されています。

Rubyでは「Web API」の開発がよく行われており、複数のシステムでデータ共有や機能強化を図ることができるため需要が高いです。

例えば、JavaScriptにより実装したアプリ上で、Rubyにより開発されたAPIを呼び出すなど言語に依存しない形でのシステム連携も実現できます。

 

その他

Rubyは、機械学習プログラムの開発においても利用されています。

例えば、「PyCall」というライブラリを活用してPythonとRubyを接続することが可能です。

Pythonは機械学習で主流の言語であり、多くの有用なライブラリが生まれています。

Rubyで機械学習を始める際には、「PyCall」を利用してRubyのプログラム上でPythonのライブラリを呼び出すことができます。

Rubyで一から機械学習の環境を用意しなくても「PyCall」によって、機械学習を進めるといったことも可能です。

 

Rubyエンジニアの需要と将来性は?

RubyはWebサービスを中心として、幅広い場面で利用されている言語です。

このため、Rubyエンジニアの需要は高く、さまざまなタイプの案件を獲得できる可能性があります。

有用性の高い言語でありながら、Rubyを扱える人材はまだあまり多くないのが現状であるため、Rubyエンジニアは重宝されます。

Webサービスにおいて、Rubyはトップシェアではありません。

PHPが圧倒的なシェアを獲得しており、Rubyのシェアはそれほど高くないです。

ただし、Rubyの代替となる言語は現在では存在しないことから、他の言語とは上手く棲み分けができています。

今後もこのような状況が続くと予測できるため、Rubyの需要は今の状態を維持していくことや、今後さらに高まるとも考えられています。

ただし、Rubyしか扱えないのはリスクがあるため、別の言語を習得することも大切です。

また、Rubyの技術は日進月歩で進んでいるため、常に最新の情報をチェックすることを心がけましょう。

 

Rubyエンジニアに必要なスキル

Rubyエンジニアに必要とされるスキルについて紹介していきましょう。

フレームワークへの理解Ruby

エンジニアにとって重要なフレームワークの概要は以下の通りです。

フレームワークとは?

開発に必要な機能がまとめられた枠組みのこと

Rubyのフレームワークの特徴

・「Ruby on Rails」というフレームワークがある

・Webアプリケーションの開発で便利な機能が備わっている

・機能ごとに独立性が高い

Rubyのフレームワークが重要な理由

・必要最低限のプログラムを記述すればWebサービスを開発できる

・開発の期間の短縮やコストの削減を実現できる

・Rubyの案件はフレームワークの利用が前提となっている

Rubyには「Ruby on Rails」という便利なフレームワークが用意されています。

フレームワークを活用することで、必要な機能を簡単にプログラムに導入することができます。

Webサービスを開発する際の期間や費用の削減につながります。

このため、Rubyの開発プロジェクトは「Ruby on Rails」を利用することが前提とされているケースがほとんどです。

Rubyエンジニアにとって「Ruby on Rails」は必須のスキルと言えます。

 

インフラスキル

Rubyエンジニアに要求されるインフラスキルとは下記のような能力のことです。

インフラスキルとは?

サーバやデータベースなどのITインフラを構築するためのスキルや知識のこと

インフラスキルの具体例

・ネットワークやデータベース、サーバOSの構築スキル

・Rubyのプログラムからデータベースに接続して操作するためのスキル、知識

Rubyはバックエンドのプログラミング言語です。

バックエンドとはユーザの目に見えない部分のことであり、サーバやデータベースなどとも密接に連携します。

Rubyはバックエンドの環境を構築するための言語であり、ITインフラのスキルや知識は必要不可欠です。

ネットワークやデータベース、サーバOSなどの知識を持っていることが求められます。

また、実際にRubyのプログラムからデータベースへの接続・操作をするための知識も重要です。

 

フロントエンド開発スキル

Rubyエンジニアに求められるフロントエンド開発スキルとは以下の通りです。

フロントエンド開発スキルとは?

フロントエンド(ユーザーの目に見える部分)の開発スキルのこと

フロントエンド開発スキルの具体例

・HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識やスキル

・デザインフレームワークの知識

Rubyエンジニアにとってフロントエンド開発スキルが重要な理由

バックエンド開発の開発言語であるRubyでは開発しにくい部分を補うためにフロントエンド開発スキルが重要

Rubyはバックエンド開発を得意とする言語ですが、Rubyエンジニアがフロントエンド開発スキルも有していると、フロントエンド側の開発に対応できるため、対応の幅が広がります

Rubyエンジニアとして、より需要の高い人材になり、案件に応募する際に有利になるといえます。

Ruby

必要なスキルを身に付けて活躍の場を広げよう

Rubyは日本で生まれたプログラミング言語であり、日本語による情報がたくさんあるため学習を進めやすいです。

Webサービスの開発を中心として需要の高い言語であり、多くの案件が存在しています。

そんなRubyを活用したエンジニアとして活躍するためには、フレームワークやインフラスキル、フロントエンド開発スキルを習得しておくと良いでしょう。

そうすればRubyエンジニアとして高単価の案件にも応募できるようになります。

Rubyエンジニアとして案件を探している方はフリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」への登録がおすすめです。

当サービスは、数多くの案件を保有しているため、自身の希望に合う案件が見つかるでしょう。

Webサービスを中心に、事業会社や自社サービスの開発を行う案件を数多く保有しています。

また、案件を獲得できるようにさまざまなサポートを行っており、効率的に希望する案件を獲得する可能性を高めることができます。

登録料は無料であるため、効率的に案件を獲得したい人はぜひ、サービスをご利用ください。

 

( 関連記事:【フリーランスエンジニア向け】言語別プログラミング案件の単価相場!案件獲得方法なども紹介 )

( 関連記事:フリーランスとしてPHPエンジニアになるには?必要なスキルを解説 )

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Ruby
案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Ruby
Go言語
案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
必要なスキル
Ruby on Rails
AngularJS
AWS
Python
Ruby
TypeScript
案件単価
700000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Ruby on Rails
AngularJS
AWS
Python
Ruby
TypeScript
案件単価
750000円
850000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Laravel
AWS
PHP
Ruby
案件単価
700000円
900000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
Ruby on Rails
AWS
Ruby
案件単価
500000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
モバイルアプリエンジニア
ゲームエンジニア
必要なスキル
Java
PHP
Python
Ruby
Go言語
TypeScript
Swift
Kotlin
C++
案件単価
800000円
1000000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Ruby on Rails
Ruby