Goエンジニアの仕事内容は?将来性や身に付けるべきスキルについて解説!

コラムCOLUMN

Goエンジニアの仕事内容は?将来性や身に付けるべきスキルについて解説!

2022/05/27

近年、エンジニアの案件として増えているのがGo言語に関する業務です。

Go言語の需要は増えており、Goエンジニアが求められています。

このため、これからエンジニアとして活躍したいならば、Go言語に関する知識やスキルを身に付けておくとより良いでしょう。

それでは、Goエンジニアの仕事は具体的にどのようなものなのでしょうか。

本当に将来性があるのか、どんなスキルが要求されるのか気になる人は多いでしょう。

この記事ではGoエンジニアの仕事内容から身に付けるべきスキル、おすすめの資格まで紹介します。

 

Go言語とは

Go言語とはGoogleによって開発されたプログラミング言語で、コードを簡潔に記述できることが特徴です。

ここでは、Go言語について詳細に見ていきましょう。

 

Googleが開発したプログラミング言語

Go言語はGoogleによって開発されたプログラミング言語です

2009年にリリースされ、当初はMacOSとLinuxにしか対応していなかったです。

しかしその後、Windowsにも対応するようになりました。

プログラミング言語としての歴史は浅いですが、今では大規模プロジェクトにも活用されるようになっています。

実行から記述、確認まで高速で行えるなどの利点があり、バランスの良い言語として人気が高いです。

 

Go言語の特徴

Go言語は簡潔にコードを記述できる点が大きな特徴です

特に並列処理を簡単に書ける点が注目されています。

並列処理とは複数のCPUやコアを用いて処理を進めることであり、Go言語であれば計量な並列処理を記述できるのです。

その結果として、複雑なシステムを構築できます。

Go言語はコンパイラ言語であり、コンパイルする手間がかかります。

したがって、RubyやPythonなどの言語に慣れている人には使いづらさを感じるかもしれません。

しかし、Go言語は上記でも述べた通り実行から記述、プログラムの確認まで高速で行うことができます。

このため、動的プログラミング言語と同じような感覚で記述できます。

PythonやJavaScriptを利用している人にも馴染みやすい言語と言えるでしょう。

 

Go言語ができること

Go言語では、Webサーバーの構築やアプリ・CLIツールの開発ができます

ここでは詳細に解説していきます。

 

Webサーバーの構築

Go言語を活用するとWebサーバーの構築ができます

例えば、Webメディアやショッピングサイトなどを自社で開設する際にはGo言語によってWebサーバー・Webサービスの構築が可能です。

Googleサービスとの親和性が高く、多くのOSに対応していて、高負荷サービスの実装も得意としています。

 

アプリ開発

Go言語はアプリ開発に利用されることが多いです

エラーの検出性に優れていて、効率よく改修を進められます。

このため、スマートフォン向けのアプリ開発にもGo言語が採用されることが多いです。

さまざまなツールやWAFが用意されており、Web・アプリ用とコードを書き換える必要はなく、手軽にアプリ開発できます。

Go言語はAndroidだけではなくiOSに対応している点もアプリ開発に適していると言われる理由です。

 

CLIツールの開発

Go言語はCLIツールの開発に適しています

CLIとはインターフェースの一種であり、コンピュータ・ソフトウェアと文字だけでやり取りをする方式です。

Go言語に実装されているクロスコンパイル機能のおかげでOSやプラットフォームなどの制約を受けません。

このため、CLIで動作するアプリ開発にもGo言語は適しています。

 

Goエンジニアが身に付けるべき経験・スキル

Goエンジニアを目指す際に身に付けておくべき経験やスキルを紹介します。

 

フレームワークスキル

Goエンジニアにとってフレームワークスキルは重要です

フレームワークとはサイトやアプリなどを開発する際の骨組みや枠組みを指します。

Go言語にはGoフレームワークが用意されており、適切に活用できれば大きなメリットがあるのです。

Go言語による開発はフレームワークを使うケースが多いため、Goエンジニアにとってフレームワークスキルは必須のスキルと言えるでしょう。

 

クラウドサーバー設定・運用スキル

Goエンジニアが、クラウドサーバー設定・運用スキルを持っていると仕事の幅を広げることができます

エンジニアとしてのスキルを高めることができるだけではなく、クラウドサーバー設定・運用スキルをポートフォリオとして活用することも可能です。

仕事を獲得する際にも有利になるため、クラウドサーバー設定・運用スキルを身に付けると良いでしょう。

 

Go言語以外の開発スキル

Goエンジニアは、Go言語の開発スキルを持っていることは当然であり、それだけでは他のエンジニアと差別化を図ることができません。

そこで、Go言語以外の開発スキルを身に付けることをおすすめします

複数のプログラミング言語を扱うことができれば、獲得できる案件の幅を広げることができるでしょう。

より高単価な案件を獲得しやすくなります。

多くのプログラミング言語を習得していれば企業から求められる人材になれるのです。

 

大規模な開発経験

Goエンジニアが携わる案件は、大規模なプロジェクトになることがあります。

このため、Goエンジニアとして案件を獲得する際には大規模な開発経験が求められます

基本的に複数のエンジニアと共同で働くことになるため、大規模プロジェクトの開発経験があれば、大きなアピールポイントになるのです。

単にプログラミングスキルに習熟しているだけではなく、チームで協力をして仕事を進められるコミュニケーションスキルやフォロワーシップスキルといったものも必要になります。

 

上流工程の経験

Goエンジニア向けの案件には下流工程だけではなく上流工程を担当する案件が存在します。

上流工程をこなした経験があれば、上流工程の案件を獲得しやすくなるでしょう。

上流工程は企画作成からプロジェクトのマネジメント管理といった仕事内容になります

開発スキルだけではなくマネジメントスキルなどが要求されるため、上流工程には過去の経験が求められることが多いです。

基本的に上流工程の方が下流工程よりも報酬相場は高くなるため、高単価な案件を求めている人は上流工程の仕事を獲得できるとよいでしょう。

 

Goエンジニアにおすすめの資格

Goエンジニアには資格の取得は必須ではないですが、持っておくと有利になるでしょう。

 

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験(AP)は以下のような資格試験です。

名称

応用情報技術者試験(AP)

試験の位置づけ

技術から管理、経営までの知識と応用力を身に付けられる

求められるスキル

・情報技術を活用した戦略立案に関して、外部環境に関する情報を収集し、適切な経営戦略、情報戦略の策定ができるスキル

・システムの設計・開発・運用に関して、アーキテクチャ設計やシステムに対する要求を整理し、適用できる技術の調査が行えるスキル。基礎理論、コンピュータシステム、プロジェクトマネジメント、システム戦略、経営戦略など

出題形式

多肢選択式、記述式

公式サイトのURL

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html

応用情報技術者試験(AP)は、基本情報技術者試験のワンランク上の試験として位置づけられています

ITの基礎理論からコンピュータシステム、プロジェクトマネジメント、経営戦略など幅広い知識と技術が問われるのが特徴です。

内容は基本情報技術者試験よりも応用を意識した出題となっており、合格すればGoエンジニアとしてのスキルや知識のアピールができるでしょう。

参考:独立行政法人情報処理推進機構 「応用情報技術者試験(AP)」

 

ITストラテジスト試験(ST)

ITストラテジスト試験(ST)の概要は以下の通りです。

名称

ITストラテジスト試験(ST)

試験の位置づけ

上流工程における戦略家としての能力を認定する

求められるスキル

事業企画、業務改革推進、情報化企画、製品・サービス企画などの部門において、ITを活用した基本戦略の策定・提案・推進を遂行できるスキル

出題形式

多肢選択式、記述式、論述式

公式サイトのURL

https://www.jitec.ipa.go.jp/

ITストラテジスト試験(ST)は、経営とITの結びつけができる戦略家としてのスキルや知識を認定するための資格試験です

上流工程において活躍できる能力を認定します。

このため、ITストラテジスト試験(ST)は、上流工程の案件を獲得したいと考えている人におすすめです。

試験はITと経営に関する内容であり、選択式や記述式に加えて論文課題形式の出題もあります。

参考:独立行政法人情報処理推進機構 「ITストラテジスト試験(ST)」

Go言語の将来性

現在、Go言語に興味を持っているエンジニアは増えており、実際に学んでいる人もたくさんいます。

今後はDXの推進を進める企業が増えると予測されており、その際にはGo言語が活躍すると言われています。

Go言語は最新のIT技術との親和性が高く、クラウドやマイクロサービス、コンテナ技術などで利用できます。

これらの最新技術はDX推進の現場においても活躍しており、開発言語としてGo言語の将来性は高いと考えられているのです。

また、Go言語はシンプルな構造で覚える情報も少ないです。

C言語やJavaと構造が似ているため、C言語やJavaの知識がある人はさらに習得しやすくなるでしょう。

Go言語は、少ないコードであるためエラーやコーディングのミスが起こりにくいです。

これらのことから、初心者でも学習しやすく将来性があると言えます。

初めは、独学でGo言語の知識を身に付けてから案件を獲得すると良いでしょう。

さらにGo言語は、高速に処理することができ、複数のCPUを使った大量のデータに対する並列処理が可能です。

大容量のデータを高速で処理することができるシステムは、今後のIT業界において求められるものであるため将来性が十分にあると言えます。

Go言語

Goエンジニアとしての価値を高めよう

現在、Go言語の需要は高まっているため、今後は多数の案件が出されると考えられます。

Goエンジニアは、より多くの選択肢から案件を選ぶことができるでしょうただし、Goエンジニアとして活躍するためにはさまざまな経験やスキルが要求されます。

これからGoエンジニアを目指すエンジニアは増えていくとも言われており、ライバルが増えるかもしれません。

他者と差別化を図るためにも、多くのスキルを身に付けて、資格を取得することでGoエンジニアとしての価値を高めていくことをおすすめします。

スキルフルなGoエンジニアであれば、フリーランスとして活動することも可能です。

フリーランスのGoエンジニアとして活躍するのであれば、フリーランスITエンジニア専門エージェント「HiPro Tech」の利用をオススメします。

当サービスは、案件の約7割が事業会社や自社サービス開発を行う企業の案件であり、サーバーの構築やアプリ開発など幅広い案件を保有しています。

また、効率的に案件を獲得するためのさまざまなサポートを行っています。

Goエンジニアとして、活躍の幅路広げたいとお考えであれば、ぜひ登録してみてください。

 

( 関連記事:SEが取得しておくべき資格とは?スキルアップするために必要な資格も紹介 )

( 関連記事:DXエンジニアとは?仕事内容や必要なスキル・資格などを紹介! )

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
700000円
1000000円
月単価
職種
クラウドエンジニア
サーバーエンジニア
SREエンジニア
PM/PMO(インフラ)
ITコンサルタント(インフラ)
社内SE(インフラ)
必要なスキル
AWS
Azure
Google Cloud Platform
Linux
WindowsServer
PHP
Go言語
JavaScript
TypeScript
C#
案件単価
700000円
1000000円
月単価
職種
フロントエンドエンジニア
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
サーバーエンジニア
社内SE(アプリ)
必要なスキル
AWS
Azure
Google Cloud Platform
Linux
WindowsServer
PHP
Go言語
JavaScript
TypeScript
C#
案件単価
650000円
900000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
SREエンジニア
必要なスキル
AWS
Google Cloud Platform
PHP
Go言語
案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Ruby
Go言語
案件単価
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Go言語
JavaScript
案件単価
650000円
700000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
ゲームエンジニア
必要なスキル
AWS
Google Cloud Platform
Linux
Java
PHP
Python
Go言語
案件単価
900000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
AWS
Go言語
案件単価
600000円
1000000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
React
NuxtJS
AWS
Google Cloud Platform
Java
Go言語
JavaScript
TypeScript
Kotlin
案件単価
500000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
モバイルアプリエンジニア
ゲームエンジニア
必要なスキル
Java
PHP
Python
Ruby
Go言語
TypeScript
Swift
Kotlin
C++
案件単価
500000円
650000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
React
Go言語
TypeScript