Javaエンジニアで独立・フリーランスになるには?案件の例などを紹介

コラムCOLUMN

Javaエンジニアで独立・フリーランスになるには?案件の例などを紹介

2021/12/23

プログラミング言語の一つであるJavaは、汎用性が高くさまざまなシステムに使われています。

言語としての機能が豊富であり、とても人気が高いプログラミング言語です。

また、初学者向けのプログラミング言語とされていることも人気が高い理由の一つです

そんなJavaを扱って開発を行うJavaエンジニアは、フリーランスとしてやっていくことができるのか、Javaのフリーランス向け案件の例などを紹介していきます。

フリーランスのJavaエンジニアに興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい

Javaの有用性

Javaはサーバーサイドで動作するプログラミング言語で、その一例としてWebアプリケーション構築への使用が挙げられます。

業務用のシステムなどの厳しい動作条件にも対応可能な言語です。

オブジェクト指向言語であり、業務や各種タスクをオブジェクトとしてモデル化してプログラミングすることで、プログラムの再利用性が容易になる特徴があります

Javaのメリット

Javaのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

処理速度が速い

Javaはコンパイラ方式を採用しています。

このため、コンパイラで実行形式コードに変換した後に実行するので、処理速度が速くなるという特徴があります

他方でPHPやRuby、Pythonなどの言語はインタープリタ方式を取っているため、Javaに比べると処理速度が遅いです。

ライブラリなどが充実している

世界中で多くのプログラマーがJavaを利用していることから、各種ライブラリが豊富に用意されています

ライブラリとは、あるプログラムに機能を追加したい場合に利用することで、容易に機能拡張が実現できるものです。

自分で追加機能のプログラミングを行う必要がないため、効率的にプログラム開発を行うことができます

セキュリティが優れている

Javaはセキュリティ面を考慮した設計がなされています。

このことを理解した上でプログラミングすることにより、高いセキュリティを有するシステムを構築することが可能です。

高いセキュリティ機能が要求される各種の金融機関向けシステムや、銀行のシステムなどに利用されています

Javaのデメリット

小規模のシステムには向いていない

再利用性の高いシステムの構築が容易になるというJavaの特徴は、他方でコードサイズが大きくなり小回りが利きにくくなることを意味します

従って小規模なシステムを構築する場合にはPHP、RubyやPythonなどのプログラミング言語を利用した方が良いでしょう。

Javaエンジニアはフリーランスでもやっていけるのか?

いきなりフリーランスになるには難易度が高い

Javaは、独学で習得してフリーランスとしてやっていくにはハードルの高いプログラミング言語です。

その理由として、プログラミング初学者にとってJavaの学習難易度が高く習得するまでに時間を要すること、Javaによる設計や発生したバグを解決するための難易度が高いということが挙げられます

しかし、Javaプログラミングの市場ニーズは高く、多くの案件が存在します。

そのため、Javaを使ったプログラミングを行い、システム開発の経験と実績を積んだプログラマーであれば、フリーランスエンジニアとして活躍できる可能性があります。

フリーランスとして活躍するためには、経験が非常に重要といえるでしょう

他の言語も使えると活躍しやすい

Javaは、システム開発において有用な言語であるため、フリーランスエンジニアに依頼するケースは多く、フリーランスとしても活躍しやすい言語です。

ただし、独立の際は、JavaだけではなくPHP、Python、Rubyなどの他の言語も使えるようにしておくことをおすすめします。

複数の言語を理解しておくことは、フリーランスエンジニアとしての活躍の場を広げることに繋がり、対応できる案件も増えてくる可能性が高くなるからです

Javaは将来性がある

Javaは歴史の古い言語ですが、これは長い間ユーザーからの信頼を受けて使われ続けてきたためです。

このため多くのシステム開発ベンダーは、安定したシステムの開発を目的としてJavaを活用し続けています。

また、Javaは大規模開発に向いており、現在、拡大を続けるスマホアプリの市場においても利用されるケースがあります

このことから、今後もJavaのニーズは高い状態が継続していくと言えるでしょう。

独立後もすぐに需要のなくなる言語ではないため、将来性も見込めるスキルと言えるでしょう

java フリーランス

Javaのフリーランス向け案件の例

Javaのフリーランス向け案件は、数多くのものがあります。

その例を紹介していきましょう。当社が保有する案件を参考に書いています。(2021年12月時点)

Webシステムの開発員やPM

Webシステムの開発やプロジェクトマネージャー(PM)のポジションで募集があります。

開発においては、Javaでの業務経験が必要な条件であることが多いため、業務経験は十分に持っておく必要があるでしょう

基本設計・詳細設計・製造・テストの全てを対応できるとより良いと言えます。

開発において十分な業務経験を積むことにより、上流のマネジメントを担当するPMへのキャリアアップも可能です。

タスクや進捗管理、さまざまなステークホルダーとの折衝や調整などを担当します

ネイティブアプリの開発エンジニア

スマホゲームアプリなどのネイティブアプリの新規開発です。

サーバー側の開発経験が必要な条件で、各種RDBを用いたサーバーアプリケーション開発が仕事内容です。

また歓迎される要件としては、AWS、GCPなどで、クラウド環境や中規模、大規模ユーザーを抱えたサービスの開発運用経験を問われるケースが多く、ネイティブアプリの開発とはいえ、幅広いスキルが問われます

案件に関わらず、バックエンドの知識があると良いでしょう

Java案件の報酬相場

Javaフリーランスエンジニアの報酬は、当社が保有する案件によると月単価80.5万円が平均値です。

あくまでも平均値であるため、これまでの経験、実績や保有するプログラミング能力により大きくその報酬も変わってきます。

実装工程だけではなく、要件定義など上流も対応することができるスキルや、サーバー側だけではなく画面側も担当できるなど業務範囲が広くなると、報酬も上がりやすいです。(2021年12月時点)

また、最近のトレンドであるDXに対応するためのAIエンジニアリングやPythonなどのニーズも高く、Javaに加えてこのようなスキルを身につけることで、より高額な報酬を得られる可能性があります

Javaはリモート案件も増えている?

フリーランスの人口は増え続けており、加えてコロナ禍によりリモート案件も増えています。

Javaにおいても同様で、リモート案件が数多くあります。

リモート案件の特徴

リモート案件は以下のようなものが多いです。

リモートの場合、クライアントと細部まで相談をしながら仕事を進めることは難しいケースが多いです

このため、必要な部分について両者ですり合わせを行った後に、フリーランス側で判断をして進めていくような以下のタイプの仕事が多いです。

プログラミング開発、システム改修、バグフィックス

Webプログラミングや各種アプリケーション開発、スマホアプリの開発に至るまで多くのプログラミング開発は、リモート環境で開発を進めることが可能です。

これらの開発に関連して、システムの改修を行ったりバグフィックスを行ったりする作業もあるでしょう

しかし、一部の特殊なソフトウェアで、特定の機器に組み込んで動作を確認しなければならないようなケースがある場合は、リモートでの作業はできないことも考えられます。 

リモート案件の獲得のコツ

リモート案件を獲得するためには、さまざまな方法がありますが、その一つにフリーランス向けのエージェントを使用する方法があります。

エージェントによって、保有している案件が異なるため、どのエージェントを選ぶかが鍵を握ります

HiPro Tech」は、全案件のうち約7割がリモート可能となっており、リモートの案件を多く保有しているのが特徴です。(2021年12月時点)

HiPro Techでの案件探しがおすすめ

HiPro Tech」はフリーランスITエンジニア専門のエージェントです。

Javaに関する案件を多数扱っており、希望する案件を獲得するためにさまざまなサポートを行っています

フリーランスITエンジニアが持つスキルや要望を踏まえて、企業や案件をご紹介します。

また、エンドユーザー直請けの案件や高い報酬が期待できる案件、中長期的に契約ができる案件などのさまざまな案件を保有しています

HiPro Tech」を利用することで、自身の希望する条件に合った案件を獲得できる可能性を高めることができます。

フリーランスITエンジニアと企業が直接契約することもサービスの特徴です

サービス料は無料なので、フリーランスのJavaエンジニアとして活躍したいとお考えであればぜひご登録ください。

記事監修
パーソルキャリア株式会社 HiPro Techサービス責任者
荒井 雅人

株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社)入社後、 人材紹介事業部にてキャリアアドバイザーおよびリクルーティングアドバイザーを歴任。

その後、経営顧問人材による経営支援サービスのi-common(現:HiPro Biz)立ち上げを行い、2020年よりIT・テクノロジー領域特化型エージェントサービスのi-common tech(現:HiPro Tech)サービス責任者に着任。

関連のIT案件

案件単価
600000円
640000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
PM/PMO(アプリ)
必要なスキル
AWS
Oracle
Java
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
SpringBoot
Java
Kotlin
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
AWS
Java
PHP
Ruby
JavaScript
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
モバイルアプリエンジニア
必要なスキル
Java
Kotlin
案件単価
600000円
800000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
Laravel
UNIX
Java
PHP
案件単価
350000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
業務系アプリエンジニア
必要なスキル
Spring
SpringBoot
Java
案件単価
400000円
月単価
職種
バックエンドエンジニア
フロント&バックエンドエンジニア(リードエンジニア)
必要なスキル
Java